Jリーグ2階の目線2017 横浜0-0神戸

ウォーミングアップのときから、ボコボコと芝が剥げていく。ピッチは緩く踏ん張りが利かないのがわかる。選手が走れば、煙が昇るように足元から土が舞う。真夏の試合でもあり、かなりの消耗戦となることは予想できた。試合開始前後に、メインスタンドの後方にはエアコンが入り、屋根の下から冷気が流れてきたが、スタンド前列、そしてピッチ上にその恩恵はない。レアンドロ、橋本、過去には藤田や小川など、神戸の主力選手にけが人が続出する状況を理解する。

藤谷と小川の仕掛けのコンビネーションに左サイドが押し込まれる立ち上がり。藤谷はドリブル。小川と渡邉がボールを引き出す動きを繰り返す。しかし、両クラブの実力差は歴然。ゲームをトリコロールがコントロールしていく。誰も引かなかった。天野は何度も蹴られ、かなりアタマにきていただろう。しかし耐えた。そしてプレーを妥協せず闘った。シュート数は少なかった。だが、ボールは停滞しなかった。このコンディションの中では驚異のゲームだ。一人一人が無理をして、それでいて無理をしすぎず、パスをつなぎながら何度も追い越しをかけて前にボールを運ぶ。神戸のタイトな守備陣形に対して、逆サイドの裏へのサイドチェンジ一発で揺さぶりをかける攻撃も効果的だった。

逆に、神戸は小川の運動量が落ちると攻撃の糸口を失っていった。ポドルスキーは走らない。そして、ポドルスキーの要求するパスを神戸の選手は出せない。ポドルスキーの見せ場はノーステップのサイドチェンジとパスカットをした守備のシーンくらい。

60分台に扇原と喜田がカードをもらう。さすがにボランチ2枚に退場のリスクが生じると、モンパエルツ監督はいつもよりも早く動く。すぐに中町を呼びタッチラインの外に立つ。ここで、ピッチ上ではパスをつなぎ続けるトリコロール。神戸も奪いにくる守備をできないため、マイボールの時間が長くなる。ふとピッチサイドを見ると・・・。
「あっ増えてる!」
ケイマンも加わって、中町と共に二枚替え。

直後に中澤が神戸の縦パスをカットしダイレクトに前の中町へ。中町は動きながらワンタッチで素晴らしいスルーパスをマルティノスに流し込む。マルティノスからのクロスを折り返しケイマンが飛び込む。これが最大のビッグチャンスだった。

ほとんど何もしなかったポドルスキーに替わってマイク・ハーフナーがピッチに登場する。しかし、これがまた、ポドルスキーを上回る(下回る?)低調なマイク・パフォーマンス。ボールに絡んだのは3度のファールくらい。神戸の選手たちはマイクが入った後に何をやりたかったのだろう。

藤田のロングスローによる強烈なヘディングシュートや小川の仕掛けに肝を冷やす場面はあったものの、神戸の攻撃は組織的ではなく、あまり失点をしそうな気配はなかった。しかし、あまりに足元が悪いため、終盤までスコアレスで進むと、トリコロールはミスからの失点を恐れて慎重なプレー選択をせざるを得ない。暑さで動きが止まることがなかったため、勝てる試合に感じたが、選手の心理を考慮すれば仕方ない引き分けといえよう。

三宮にまで脱出し、神戸牛を口の中で溶かしながら試合を振り返る。
「ポドルスキーにはガッカリ。フォルランの方が100倍よかった。」
「コンディションが悪いのか、周りが理解していないのか、いずれにしても喜田とやりあっている場合じゃないだろ。」
「存在感だけは凄くあったけど。」
「大きいし。」
「動かないから見失わないんで存在感は半端なかった。」
「でも、ウチにポドルスキーが来たら点を獲りまくると思うな。」
「うん、そう思う。」

Jリーグはクラブの総合力でタイトル争いをする。神戸でプレーするポドルスキーを見て、それを実感する。個人力だけで勝てるほど甘いリーグではない。それに対してトリコロールは、確実に地力を上げてきていることを感じた。勝てなかったことを嘆くような試合ではない。この暑さの中でも、テンポよくボールが繋がり、足の止まる選手がおらず、神戸のファンに最後まで脅威を与え続けていたのが、その証明だ。だから、この勝ち点1は小さな前進。このスタジアムのピッチとは違って、足元は固まってきた。大航海時代の到来まで、あとわずか。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2017, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線2017 横浜1-0鳥栖

3試合連続の完封勝利。素晴らしい試合・・・というよりも凄みのあった試合だった。松原と山中の勇気。鳥栖の攻撃を止めるというよりも、攻撃を断ち切るといった表現の方がふさわしい。激しさは驚きに、そして感動に通ずる。

学が山中の前のスペースにパスを出す。ドリブルで仕掛ける山中。中にコースをとる。その外側を猛然と駆け抜け、学が山中を追い越す。鳥栖のディフェンダーが学へのパスに警戒して、ほんの少しだけ身体を外に動かした瞬間に、その内側を山中の地を這うシュートが襲う。権田が精一杯のセービングで弾いたボールを、全速力で詰めていたウーゴが押し込む。あまりに見事な攻撃に、もう、勝利を確信する。先制すれば負けなしだ。

マリーシアの中では「身体能力の低い黒人選手」という噂で期待が大きかった元コロンビア代表のイバルボ。この試合の注目選手だ。大柄。イタリア南部のカリアリでプレー。飛んだり跳ねたり身体のバネを生かした躍動感あるプレーを見せてくれるだろうと期待が膨らむが、スピード感に欠け、パワーも感じない。そして、ハイボールに跳ばない。フェアにジャンプするトリコロールの選手の身体を下からさらってファールをとられる。
「なんだよ、良い加減にしろよ。」
また、跳ばない。下から身体をさらわれると空中でバランスを崩し頭から地上に落ちるかもしれない。危険な反則だ。
「跳べよ。」
「なんで、あいつは跳ばないんだよ。」
「跳ばない奴はサガン鳥栖なんだよ。」
「じゃあしょーがない。」
噂通り。期待を裏切らない選手だ。

確かに守備は固い。しかし、次第に天野の運動量が落ちてウーゴが孤立。ボールの預けどころがなくなり、反撃はカウンター一本槍。ドリブルで仕掛けて、すぐにボールを奪われ守備に走ることの繰り返しに。そして、鳥栖はサイドに張る三丸が曲者で、その内側に入ってくる原川からのクロスが危険。この攻撃を凌ぐために、トリコロールはかなり消耗した。
「交代しないのかよ!」
「でも、マルちゃんの在り方を、これでいいと監督が考えているのだったら、今、交代する選択肢もないかも。」
「とにかく耐えろ。」
そこで打った手は、ウーゴに替えてケイマン。原川へのパスコースを絶った。そして、松原が頭から突っ込む闘志あふれるプレーと、奪ってダッシュでパスを受ける拍手喝采の好プレー。このポジションを奪われたくない気持ちが伝わる。

また完封勝ち。また、トリコロールは強くなった。そして、勝ちに徹したところは大きな進歩だ。学は、絶対に決めなかればならない決定機に枠を外す。それでも、スタンドから過剰に大きな嘆きはなかった。「まぁよーがないねー」という反応。学のノーゴールへの過剰な意識は見えなかった。学にゴールさせることよりも、スタジアム全体が勝利に気持ちのベクトルを合わせていたのだ。

三ツ沢の坂を下りながら話をする。
「もうさぁ、学はノーゴールでも良いよ。」
「ゴールがなくても試合への貢献が大きいもの。」
「山中に出したパスが素晴らしかった。」
「パスの後は山中がシュートするときには後ろから追い越している。」
「これは、ウチが優勝して学がノーゴールなのにMVPという流れだ。」
「学ノーゴール無敗伝説を12に伸ばした。」

とりこぼしなく上位対決まで、厳しい闘いは続く。選手の頑張りが新しい道を切り拓く。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2017, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線2017 横浜2-2清水

勝てる試合だった。圧勝してもおかしくなかった。ボールも人も止まらない、何処からでも縦を狙い、ディフェンスラインの裏を突く、まさにヨーロピアンの香り。

「Jリーグではあまりやっていないけれど、ヨーロッパでは普通のサッカーだよ、これは。」

そう、常に欧州への道を見据えながら創ってきたトリコロールのサッカーは華やかで魅力的だ。スタンドは期待以上のプレーを目にして沸く。攻撃に守備に拍手が轟く。

「このサッカーだったら、自信を持って友達をスタジアムに誘えるよね。」
「ずっとテンションが高いから、すっげー面白い。」
「ちょっとでも手を抜けば控え選手にポジションを奪われるから、これをやり続けるしかないんだよ、みんな。」

「うぉーーーー!!」
「撃ってきた!」
見事なカウンターからのマルちゃんのゴール。
「きた!!」
「すげー!!」
「美しい!」
狙いすました山中のクロスからの天野のボレー。トリコロールのゴールは美しい。ゴールを奪う流れまでもヨーロピアンの香り。

ただ、気候だけは日本だった。暑さ、湿気、豪雨。両チームの体力を消耗していく。突然に電池切れを起こしたのは中町だった。
「前半から見事なプレーをしていたからなー。」
「ここはすぐに代えないと。」
周囲を見る余裕がなくなり、ほんの少しのコントロールミスからボールを奪われシュートを撃たれる。クロスバーを弾き難を逃れたが、直後に失点。いつものように得意とは言えない監督の選手交代が後手を踏んだ。

プロ入り後、最高のプレーで攻守に大活躍した天野が中盤の底に下がると、トリコロールはパスのリズムを失った。マルティノスは右にいる時間も長く、スムーズにボールを前に運べない。ウーゴ・ヴィエラに良いパスは供給されない。反撃の狼煙は上がらず、逆に鄭大世の力強いポストプレーから作られるピンチを凌ぐ。

激戦は引き分け。

「PKはどうだったんだろうね。何の反則だかよくわからなかった。」
「学は置きにいっちゃったからな。あれならどんなGKでも止められる。」
「ま、そもそもPKかどうかよくわからなかったし、入らなかったダメージがあったわけでもない。」
「あの緩かったPKはフェアプレーでいいんじゃない!?」
「ボールを返したのかよ!」

「しかし、試合がスイングするねー。」
「この試合でもっともスイングしたのは前半に鄭大世をデゲネクが後ろから倒したシーンだな。カードはもらいたくないけれどファールで良いから止めておきたいデゲネクと、背負って自由が効かないから、とりあえずファールをもらいたい鄭大世の意図が一致した。」
「まさに阿吽の呼吸。」
「見事な軽く倒れるファールだった。」
「あれはいいねー。」

この豪雨の中でも観客数は約24,000人も。攻めの姿勢が面白い。手拍子が屋根にこだまする応援が楽しい。インターバルでレベルアップしたトリコロールのサッカーが対戦相手を惑わせ、スタンドを魅了する。暑い夏をの壁を乗り越えろ。壁の向こうに見えるアジアへの扉を開くのは我々だ。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2017, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな。」は、どれほど許しがたいツイートなのか?マリーシア感情的サポ論

上西議員がサッカーファンを騒がせている。さすがに、このツイートは酷い。侮辱物だ。

では、上のツイートよりも先に投稿され、発端となった、このツイートはどうだろう。

このツイートの発言者が、上西議員以外の人物であったとしたら、どのように感じただろう。注目すべきは、上西議員が「親善試合は遊びなのかな」と書いていることだ。この発想は、ある程度、サッカー観戦のキャリアを積んで、サッカーを理解していないと出来ない。実際に、浦和レッズはリーグ戦と比較すると緩めの守備をしており、監督も布陣のテスト采配。警告覚悟の決死の守りはなく失点を重ねた(3失点目は単純なミス)。「親善試合は遊びなのかな」は間違えとは言えないツイートだ。それでも猛反発の総攻撃が発生した。このツイートに対して1,144のリプライ(2017年7月17日現在)が付いている。そこには上西議員のツイートへの反論ではなく、上西議員を攻撃するツイートが大量に存在する。中には連絡先を記載してクレーム電話をかける行為を奨励しているツイートもある。

最初に紹介したツイートは、これらのツイートを受けてから投稿されている。

この現象は上西議員が国会議員だから起きたことだろうか。実際には、スタジアム各所でも起きているのではないか。また、さらに広く見れば、こいつと思った標的は徹底的に打ちのめす日本人気質を示した例でもあるのではないか。これは、攻撃を受けた者が自殺に至るケースも多数あるイジメと似た行為だ。

自分は、一度、スタジアムで、総攻撃の対象になったことがある(こちらにも、そのようになる原因は存在したのだが)。試合中でありながらスタジアムのトイレの前に呼び出される、結婚相談サービスの会員に勝手に登録される、新聞や雑誌の文字を切り抜いて作った脅迫状が郵送される・・・などなど、文字で書くと冗談のようなことが実際に起きた。「もう、スタジアムへ行くのはやめよう」と弱音を吐くことはなかったが、その年にリーグ優勝を果たしたときに、これで脅迫は止まるだろうという気持ちになり「これでスタジアムに来ることを続けられるよ」と言って友と抱き合って泣いた。もう昔の話だ。もちろんSNSなど存在していない頃の話だ。その経験があるので、上西議員への総攻撃はSNSだから起きたというわけではないと断言する。そして今回の場合は「許しがたいツイート」であるかよりも、「あいつを許せない」上西議員という人物を標的に指定して総攻撃している面が強い。サポーターの広大な人的ネットワークの中では「あいつならば総攻撃しても大丈夫な安心感」は一瞬にして共有される。それくらいサポーターの人のつながりは強い。

その標的にされる人の属性やきっかけは様々だ。「にわかに何がわかる」と観戦歴の浅いサポーターが攻撃を受ける場合もあれば、逆にコアサポーターやコールリーダーが人格攻撃の総攻撃を受ける場合もある。「女は黙れ」「ろくに応援もしていないのに黙ってろ」・・・何がきっかけに誰が総攻撃を受けることになるか、予想できない。だから、上西議員を攻撃している人に言っておきたいことがある。いつの日か、その正当な理由なき総攻撃の対象が自分に向くことがあるかもしれないから、その覚悟はしておいてほしい。こうした攻撃が、サポーターやサッカーファンの仲間を広げる方向に役立つのかどうか、今一度、考えてみてほしい。野球の応援と比べてサッカーのサポーターは「敷居が高い」「作法にうるさい」「暗黙のルールが細かい」という声をよく聞く。特に若い世代からだ。それはなぜなのか。Jリーグサポーターの閉鎖性が生み出す負の側面、その一端を示した事件だったのではないだろうか。

石井和裕

Posted in サポ論, マリーシア感情的サポ論 | コメントは受け付けていません。

他サポから見た「俺たちの浦和事件」応援は誰のものか?マリーシア感情的サポ論

「俺たちの浦和を返せ!」
等々力競技場で去っていく選手バスに乗るミハイロ・ペトロヴィッチ監督に向かって浦和レッズサポーターが叫んだ言葉だ。2017年07月5日(水)明治安田生命J1リーグ 第13節で浦和レッズは川崎フロンターレに4-1で大敗した。「俺たちの浦和」とはいつの浦和なのか・・・そのインパクトのある言葉は、すぐに他クラブを応援するサポーターの間で話題になった。
・ACLを制した、リーグ優勝を果たした、あの強い浦和か?(Jリーグの優勝は1回)
・ビスマルクとラモスにヘディングを繰り返し繋いでゴール前に運ばれ武田にゴールを奪われたJ開幕当初の浦和か?
・福田が優勝に向けて快進撃を続ける中で「負けないよ!」とインタビューで答えた頃の浦和か?
・J2降格が決まってしまった後にVゴールを決め喜べない勝利を味わった頃の浦和か?
・今のサポーターの基礎を築き赤い旋風を巻き起こした1992年の浦和か?

7月8日(土)までは、「俺たちの浦和」は他クラブのサポーターからは笑いのネタでしかなかった。そして、勝てなければミハイロ・ペトロヴィッチ監督が辞任するという2017年07月9日(日)明治安田生命J1リーグ 第18節の新潟戦に注目が集まった。浦和レッズは逆転で勝利。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の首はつながった。

試合後にゴール裏で事件が起きる。Curva NORDと言われるゴール裏北スタンドに陣取るコアサポーターのコールリーダーが「今日はやめよう」とトラメガで発言。勝利後に歌うのが恒例(必ず歌うというルールではない)の「We are Diamonds」を歌うことを拒絶したのだ。

コアサポーター以外のエリアからブーイングと罵声が飛び、Curva NORDの意に反してスタジアムは「We are Diamonds」の歌声に包まれた。トラメガで喋るコールリーダーの横を無視するように、たくさんのサポーターが出口に向かっていく。「We are Diamonds」が歌われる間に、コールリーダーの周辺に空席が増えていく。そして、何本かの動画の中に、こんな女性の声が入っていた。

「あなたたちだけのレッズじゃないでしょ。」

ここで気がついた。笑いのネタになっていた「俺たちの浦和」は、広島からの流入が始まる前の浦和を指してはいるものの、そのベースにあるのは過去の浦和レッズを指す時間軸から表現された言葉ではなかったことに。「あなたたちだけのレッズじゃない」その言葉で表されていた。「We Are REDS !」全ての浦和レッズサポーターが浦和レッズの一員であり、Curva NORDはレッズサポーターの代表者ではなかったのだ。ただ、コールを扇動する役割を担っていたグループに過ぎなかったのだ。

突然に起きたわけではない。過去にも近い事件は起きていた。1997年のこと、駒場スタジアムの東側立ち見席に陣取るURAWA BOYSは太鼓を使用しない応援の推進を試みていた。しかし、それに同意しなかった西側立ち見席に陣取るサポーターが太鼓を持ち込み、応援方法は混乱。最終的には太鼓を再び使用することになり、現在に至っているのだ。

つまり、サポーターの世代交代や「JAPANESE ONLY事件」による「クルバ・エスト」の解散を経ても、浦和レッズサポーターのスピリッツは変わっていない。スタイルは引き継がれ、ゴール裏を引退したベテランサポーターはメインスタンドやバックスタンドで声を枯らして応援し続けていることを証明した。

私は浦和レッズサポーターに嫉妬した。そして、ゴール裏でコールを扇動しているコアサポーターは「応援は誰のものか?」について、改めて学んだのではないだろうか。

石井和裕

Posted in サポ論, マリーシア感情的サポ論 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線2017 横浜1-1広島

厳しいレギュラー争いになった。帰国したデゲネクはピッチ上にはいない。バブンスキーはポジションを失い、代表招集で離脱したマルティノスの穴を埋める場所に起用された。かつて欧州のクラブの移籍した日本人選手が「代表招集で日本に帰国し、代表戦後にクラブに戻ってみるとポジションがなかった」などということが数多く起きたが、それと同じことがトリコロールでは現実に起きている。ポジション争いを勝ち取った者がスターティングメンバーとしてピッチに立つ。

広島の指揮を誰が執るのか、試合直前まで知らなかった。調べてみると経歴が出てきた。日本リーグ2部の1990/91シーズンでアシストランキング3位。
「うーむ、微妙すぎる。」
「得点ランキングではなくアシストランキング。」
「しかも日本リーグ2部。」
「当時の2部のレベルを考えると、ポーンと蹴って誰かが決めるパターンが大半だったからな。」
「つまり、たくさんゴール前に蹴ったということか。」

試合開始早々に積極的な仕掛けでチャンスを作る。しかし、2人でボールにチャレンジするが全体が連動しているわけではなかった広島の守備は、時間が進むにしたがって強固になっていく。明らかにバブンスキーの左ウイングは機能しておらず、山中の困惑が見える。ボールは動き、停滞感はなかったが攻めあぐねた前半。監督解任直後の広島は、完全に残留争いモードで割り切った試合の準備をしてきていた。

後半に入ると、バブンスキーのポジションが、幾分か前になりワイドからの仕掛けも出来るようになる。それでもダイナミックさに欠けると、学と左右の位置を入れ替える。

「倒れるなよ!」
「簡単に吹っ飛ばされるな!」
金井が倒れ、誤審をアピールするブーイングも飛んでストレスが最高潮に達すると、そのエネルギーがスタンドの熱を上げる。大観衆とは言えない観客数でありながら、今シーズンで一番の音量の手拍子。声援。我々は勝てる。勝ち進むことができるという期待が大きな一体感を作り出す。ボールを奪い取りカウンター。大歓声。中澤がドリブル。大声援。惜しいシュートに揺れる。

モンバエルツ監督はバブンスキーの左サイド起用という誤った手を講じてしまったが、後半の選手交代は早めに、しかも攻撃的に。今シーズは、苦しい試合展開から2得点してチームを救っている「切り札感までは無い切り札」前田を投入。見事な抜け出しからスルーパスを受けて、強引に得点を強奪する。待ちに待った先制点。大音量の絶叫とともに跳ねる。
「すげーゴールだ!」
「よく決めた!」

守りきるか、もう1点を奪いに行くか、判断の難しい時間が残る。そして、得点の直後に追加点の絶好のチャンスが飛び込んできた。しかし決まらない。広島は、途中投入された茶島が中盤の深い位置からドリブルで仕掛けて、守備に揺さぶりをかけてから鋭いパスを打ち込んでくる。あの攻撃に対応が後手を踏んだ。そして、持ちこたえられなかった。

悔しい引き分け。誰かが手を抜いたわけでもなく、油断を漂わせるところもなかった。引き締まった好ゲームだった。その証拠に、試合後も多くの観客は一気に帰るわけではなく、選手たちの戻りを待った。大きな拍手が贈られた。前半のスコアレスも、終盤の盛り上がりを生み出す溜めであったと考えたい。あのストレスがあったからこそ、手拍子を主体とした応援と、成長し前進するクラブの姿がシンクロした。

「でも、残留争いのクラブに、また優しさを提供してしまった。」
「さぁ上に行くぞ!というところで立ち止まる。」
「こういう試合では、どうしても勝てない。」
「でも、負けたわけじゃない。」

そうはいっても、どうすれば勝てたのか、なぜ勝てなかったのか、試合後の会話は続く。

「なんかさぁ、前半の攻めあぐねを見たときにさぁ、ここで『俺たちのマリノスが帰って来た』って思っちゃったんだよねー。」
「なんか、ここで勝てないのが『俺たちのマリノス』だよね。」
「俺たちはさあ、『俺たちのマリノス』を返せとか、ぜんぜん言っていないのにさぁ・・・。」
「ここで帰って来ちゃうんだよ。」
「しばらく忘れていたのに。」
「帰ってくるなよ『俺たちのマリノス』。」
「あいつらが等々力で『俺たちの浦和を返せ』とか言うから、勘違いして『俺たちのマリノス』が帰って来ちゃったじゃねーか。」
「だからさぁ、浦和サポーターが悪いんだと思うわけだよ。」
「結論としてはそれだ。浦和サポーターが悪い。」

勝てなかった。しかし、涙がこぼれそうになるほどの大音量の手拍子に、確かな手応えを感じた。まだまだ、このクラブの進化は止まらない。上を目指そう。進んでいける。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2017, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線2017 横浜2-1大宮

ゴールドカップのキュラソー代表に選ばれたマルティノスはチームを離れる。そのせいか、いつもの数段上の気迫を感じる。痛がらないどころか倒れもしない。ゴールを自らの脚で奪い取ってやるという気迫が見える。大宮のディフェンダーは左脚を封じたつもりだっただろう。ところが、振り抜いたのは右脚。ゴールネットは一瞬で揺れた。

「うぉーーーーー!!!」
「決めた!!」
「右脚かよ!!!」

ぎっしりと詰まったアウェイスタンドが揺れる。ちょうど隣の野球場の掲示板に大歓声が反響する。続いて魅せたのは新戦力の山中。

「シュートだ!シュートだ!シュートだ!」

3回目の叫びの瞬間に、放たれた弾丸がゴールに突き刺さる。

「すげーーーーー!!」
「撃ったぁーーーーーー!」
「よーし!!!」

氷川神社の敷地だった、このスタジアムで、トリコロールは、常に見えない敵の力を感じて闘っていた。だが、今のトリコロールには、過去の縛りは無関係だ。過去の勝てなかった大宮アウェイの呪縛を感じない。なぜなら、既存の概念にとらわれない、トリコロールを変えていく左サイドの2人が決めたからだ。直後にピンチが1つ。何度も揺さぶられていたセットプレーからの失点が1つ。しかし、慌てることはなかった。落ち着いて試合を締めた。ケイマンが学に気を使いすぎるがあまりにズッコケたこと以外は、見事に試合を進め切った。「降格候補なんで」などとサポーターは控えめに語っていたが、シーズン半ばにして勝ち点は30を越えた。毎試合、新しい発見がある。驚きがある。

心配事があるとしたら、やはり天野だ。試合後のコメントとはあまりにギャップのある実際のプレー。彼には、おそらく自覚がない。裏を狙いたいがあまりに、扇原、中町から楔のパスを受けるための動きがない。無意識に、敵を背負ってパスを受けることを避けてしまい、前を向いてプレーしたいのだろう。だから、天野はトップ下ではなくシーズン開幕当初は中盤の底で起用されてきた。今はワントップの下だ。厳しいマークに苦しみながら前を向くのは、このポジションの義務だ。それをやらなければ、扇原と中町にとっては、目の前にあるはずのパスの選択肢が減ることを意味する。ここが機能すれば、トリコロールの攻撃は、もっと早く、もっと激しく・・・そして、ウーゴ・ヴィエラもプレーしやすくなるはずだ。技術はあるのだ。天野には気づいてほしい。

試合前の選手紹介で聞こえないくらいの音量で読まれる選手紹介。

「大宮の選手紹介になったとたんにボリュームアップするんじゃねーだろうな。」
特攻野郎Aチームのテーマ曲が流れ、大きくなる音量。
「ほら、みたことか。」
「器がちっちぇーな。こういうことやるから勝てないんだよ。」

逆に、トリコロールには、名門の雰囲気が帰ってきた。名門の名に恥じぬ魅力を発揮しようと、選手が全力でプレーする。新しい風を新戦力がクラブに送り込んでくる。そして、天野、中町、扇原が中央を締めて伝統の堅い守備が蘇った。伝統と革新が噛み合う。ただの古豪の雰囲気ではない。この日は、前半を見れば、けっして良い試合ではない。得点の気配も感じなかった。それでも、後半に2得点して、しっかりと勝利した。凌いで勝てる力もついてきた。トリコロールは上を目指せる。手応えを感じる一戦だった。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2017, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線2017 横浜2-0神戸

外しまくっていたウーゴ・ヴィエラ。つまり、チャンスを作り続けていたとも言える。そこで最後に外したならば、持っていない奴。だが、彼は最後に決めた。たとえ、それが意図せず体に当たったシュートであっても、ゴールに祝福される男であることを証明した。力づくで押し込んだ2点目。開幕戦の頃を思い起こす、狙い通りのサイドからの崩しで奪い取った先制点。ピンチは、たったの1回だけ。気がつけば4連勝だ。

昨シーズンに、このような試合がなかったのは当たり前のことなのだが、ここ数年を振り返って、ここまでクラブ全体が一体感を感じさせる完勝があっただろうか。2-0の完封勝利だっただけではない。ポルトガル国民とウーゴ・ヴィエラへのメッセージ、光邦さんへのエール、完璧なタイミングとセレクトで始まるチャントやコール、卑劣なタックルで学を傷つけた伊野波へのブーイング。友と過ごすホームスタジアムでの時間は、何もかもが素晴らしかった。学は得点できなかったことを悔やんだ。だが、それは、シーズン当初のように学がキャプテンとして入れ込んで、チーム全体にまで気を使わなくてもよくなったが故の余裕から出る悔やみだ。いつの間にか、マルティノスは痛がることが少なくなった。天野も前節とは見違えるような素晴らしいプレーを披露した。ジョンスはレギュラーのような安定してプレーを続け、中澤は別格。下平のいやらしい、神戸のパスミスをスローインにする動きに安心。少しばかりの停滞を経たが、トリコロールは小さな前進を続けてきた。いまや、その歩みは誰が見ても確実なものと実感できる。

この勝利を語るに多くの言葉は不要だ。「完勝だった」「美しく勝利した」ただそれだけでも良い。語れば語るほど、この胸の中の満足感がチープなものになってしまう気がする。そして、告白する。中町のゴールのときに突き指したので痛みが走り、これ以上、キーボードで語ることを避けたい。このクラブと毎週末を過ごし始めて25年。いまだに、このクラブは怪我をするほどの熱狂を与え続けてくれている。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2017, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線2017 横浜1-0東京

左サイドで先発した山中は再三再四の裏への仕掛け。パスの収まりどころにもなり重要な役割を担った。そして、芸術的なファールによるチャンス潰しは見事。中澤の相棒に復帰した栗原は空飛ぶ要塞っぷりを発揮。ガスのクロスを、ことごとく跳ね返した。高いテンションで、あっという間に試合は進んでいく。スコアレスのまま。
「もし、勝負に出るのであれば、ほとんど仕事を出来ていない天野を下げるべきじゃないか。」
だが、交代したのはウーゴ・ヴィエラだった。代わって登場したのはケイマン。このとき、劇的なゴールを予感できたサポーターは少数だった。

不思議な出来事がたくさんあった試合だ。

どうみても痛くないのが明白だが倒れているマルちゃんを無視して攻めるトリコロール。
「行け!!」
「ほっとけ!」
構わずプレーは続く。
「そろそろ諦めろマルちゃん。」
「もう、いいから立てって。」
ところが、なぜかガスがボールを蹴りだす。すると立ち上がろうとするマルちゃん。
「出すなよ。続けろって。」
「なんで、ウチが出さないでガスが出しちゃうんだよ。」
普通の試合であれば、味方が倒れれば「出せ!」とクレームを叫ぶのだが、全く逆だった。

ゴール前でボールをキープしようとして滑って転ぶ中澤。絶体絶命。ボールを奪う大久保。だが、大久保も滑って転びピンチを脱する。
「コントかよ!」
「助かった。」

キャッチしたボールを持ったままゴールラインの外に出してしまいコーナーキックを献上する日本代表GKの林。そして、何度も何度もボールを蹴り損なってボールをゴールラインから外に出してしまう日本代表GKの林。

最後の不思議は、試合を決めた天野の右脚だった。

林のキックがタッチを割り、スローインからパスを繋ぐ。ゴール前のワンツーとしては致命的な浮き玉パスを左脚で出してしまう天野。あまりに酷いパスだ。しかし、それをケイマンが体を張って俊敏に頭で、信じられない程の正確さで天野の足下に戻す。一瞬の間もなく、天野は右脚を振り抜く。

「あまのー!」
ゴールネットに突き刺す。
「すげー!!」
涙が溢れる。大絶叫で、ひとしきり喜んだところで、少し無言。口を開く。
「うーん、俺の見る目がなかった。」
「さっきは左脚で、あんな宇宙開発していたのになんであんなこと出来るんだよ!?」
「サッカーわかんねー!」
歓喜の雄叫びの直後とは思えない、じわじわとした笑いがこみ上げてくる。

しかし、笑っていられたのはわずかな時間。ガスの波状攻撃がトリコロールを襲う。トリコロールも学、マルちゃんのドリブルで対抗する。スタンドは白熱し絶叫。アディショナルタイム4分間が長く感じられた。といっても、トリコロールが堅守の1-0を持ち味としていくのであれば、これくらいエキサイティングな試合であってほしい。追い詰められてギリギリで勝ち切るスリルは3-0の楽勝試合よりも興奮度で上回る。試合終了のホイッスルが響きスタンドは絶叫。この試合は、1-0でも充分に観客を魅了できることを証明した。

3連勝で、気がつけば順位は暫定5位に浮上。終わってしまえば笑いが止まらない。
「やっぱ、点を獲った奴が一番偉いのがサッカーだからなー。」
「でも、今日は、扇原が凄かった。」
「扇原が動くと中町もやりやすそうだ。」
「コンビネーションがいいよねー。」
「そう考えると、天野ってあれ以外は何をやっていたのか思い出せないんだけどなー。」
「天野は難しいことをやりすぎなんだよねー。シンプルに前に攻めればいいのに。」
「でも、点を獲った奴が偉い。」
「あとは大久保だなー。ちょっとずつ衰えたかなー。」
「あれだけ外してくれると好きになりそうだ。」
「そういえば、梶山が入ってからだったね、得点。」
「さすがは味方だ。持ってる。」
内容が良いとまでは言えない。でも、先週までのトリコロールとは、また一味違う、引かない強さを感じる試合だった。今年のトリコロールには進化とドラマがある。できれば、ドラマはハッピーエンドが好みだ。上に挑める勝ち点になってきた。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2017, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ 2階の目線2017横浜2-0川崎

残念な現実だが、トリコロールの再生には川崎の力を借りることが必要だった。この一戦はダービーではない。その理由は、トリコロールのサポーターであれば、誰もが当たり前のように目にしているだろう。だが、クラブは「神奈川ダービー」と銘打ち「決戦」の文字をポスターに落とし込まなければならなかった。Aチーム(天野チーム)に必要だったのは、崖っぷちの危機感と緊迫感だったのだ。大観衆を集め、勝たなければならない一戦だというプレッシャーを受けて、やっとリーグ戦は開幕当初のテンションを取り戻すことができた。勝ち点3を上回る収穫が、ここにある。

立ち上がりは川崎が慎重。だが、冷静に闘ったのはトリコロールだった。主審はアンフェアなコンタクトに厳しい。それを見極める。スライディングはボールに触っても、その後に残った脚をさらうプレーには厳しく判定を行った。手を使うのは厳禁。その基準を理解しないままにゲームに入っていったのは川崎だけだった。
「きたねーぞ川崎!!・・・言ってみたかっただけ。」

扇原の寄せが早い。何度でも動き直してコースを塞ぐ。スペースを中町が埋める。天野は、これまでのツートップの守り方ではなく扇原と中町のすぐ前に位置して中央を固める。川崎は中村憲剛が後ろからパスをさばくが、トリコロールの守備陣の手前の深い位置からのみ。勇気のないパスだから怖さがない。中央の攻めが通用せず仕方なくサイドに回すが、家長も田坂もパスを回すばかり。川崎の立場で言えば「何もできなかった前半」が終わる。トリコロールにとっては上出来の前半だ。

後半に入ると、川崎が攻撃のスピードアップを図る。だが、トリコロールに破綻はない。扇原、中町、天野の関係は絶妙だ。
「中町が素晴らしい。」
「中町が中町らしくないほど良い。」
「中町ではなくて大町なのではないか。」
「大町ってどこだよ!?」

そして、歓喜の瞬間は突然にやってくる。天野のローングパスにマルティノスが折り返してウーゴ・ヴィエラがゲット!!
「ウォーーーーー!!」
私たちの後ろの席のグループが驚いて引くくらいの狂乱の喜びっぷり。もみくちゃになって気がつけば、座席の順と違う位置に仲間がいる。倒れかける。脚を打つ。
「すーーーげーーーーー!!」
このビッグマッチで、これほどまでにダイナミックなゴールを魅せてくれるとは、セルビアリーグの得点王は恐るべし。そして、こぼれ球のためにゴール前に詰めている扇原。

川崎の攻めが通じない。楔のパスに対しては、中町が最終ラインをカバーして中澤が前で守備の勝負をする。久しく見なかった守り方だ。かつて中澤は前で守備をするのが得意だった。それは松田のパートナーとしてプレーをしていた時代のことだ。堅守のトリコロールが帰ってきた。そして、ピンチには中町がカード覚悟の真っ黒なスライディングで止める。客観的に見れば酷いファールだ。だが、トリコロールには極上のエンターテイメント。その上、主審はアドバンテージをとらず川崎の大チャンスを潰してくれる。さらには、川崎がプレーを再開するが、一歩早くケイマン投入により主審の笛が吹かれ、そのリスタートがやり直しになるという、実に黒く輝く美しい流れ。これぞ「黒いトリコロール」中町の真骨頂だ。どうやら、今シーズンのトリコロールには一色足りなかったのかもしれない。

あのゴールキック。学が複雑にコースを変え、走っていく向こうに、微かに幻のように山西の姿を見た。それは、きっと、中澤の550試合出場表彰のプレゼンターが久保だったからだろう。あのシーンが走馬灯のように蘇ったのだ。川崎の守備陣が山なりのボールの処理を誤り、マルティノスがかっさらったボールは丁寧なパスでケイマンに。ループシュートは、ゆっくりとゴールマウスに吸い込まれていく、これまた山なりのボール。「カウンター頼みの糞サッカー」と、よく敗者が負け惜しみを言う試合がある。鋭いカウンターに失点すれば、それは悔しいことだろう。だが、見よ、この山なりのボールの3連続。鋭いカウンターとは対極のゴールへのプロセスで川崎にトドメを刺す。

始まるWe Are Marinosの大合唱。あとは川崎の苦し紛れのイージーなクロスを跳ね返すだけで良かった。

試合終了後、選手たちがピッチを去ってから、川崎サポーターは、この試合で最大の大声量で歌い続けた。崖っぷちから生還したAチームとは対照的に川崎の選手たちは失うことを恐れた。強豪となり、彼らには失うものができたのだ。そして、選手だけではなく、サポーターも強豪となって変わった。「けっしてブーイングしない」「親切」「にこやか」そんな川崎サポーターの良き姿は、この数年間で急激に失われていった。だが、ここにきて、彼らも自らを守りたいのだろう。すでに失いつつある自身のアイデンティティをギリギリのところで繋ぎ止めておきたい想いが、その歌声からトリコロールのサポーターに伝わり、日産スタジアムは、より哀れみの空気を増していった。

歴史は回る、かつて、川崎のサッカーは「外国人頼みの分業カウンターサッカー」と他クラブのサポーターから揶揄された。それが、今ではパスを繋ぐポゼッションサッカーの本家本元のような立場になり、川崎サポーターの多くは、トリコロールのサッカーを「ドン引き」「カウンター頼みの糞サッカー」と酷評した。一方で、主力メンバーを一新したトリコロールはポゼッション志向のゆったりとしたサッカーから、攻撃に時間をかけないアグレッシブなスタイルへと変身の途中だ。かつての強豪は中位からの再建中。かつてトリコロールがJ1を連覇した頃にはJ2だった川崎が、今では優勝候補。いつの間にか立場は逆転していた。だが、幸いなことに、彼らは、まだ無冠だ。再びトリコロールが立場を入れ替えることは可能だ。その新たな歴史は、この試合を契機に、また回り始めたのかもしれない。皆に愛される中村憲剛の操る、この試合の川崎の稚拙な攻めを見るに、私たちは川崎サポーターの苛立つ気持ちが良くわかる。

Aチームは息を吹き返した。昨年の例を見れば、ルヴァンカップの敗退とインターバルによってBチーム(バブンスキーチーム)のメンバーがリーグ戦にも登用されるはずだ。まずは右サイドの松原が出場停止。代表招集でデゲネクとバブンスキーが欠ける試合もある。ここからが、今シーズンのトリコロール第二章だ。どこまでいけるか、それとも、中位どまりなのか、まだ、航路の先は見えない。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2017, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。