Jリーグ2階の目線2018 横浜1-0長崎

10年ほど前の話だ。長崎には仕事で何度も来ていた。そこで地元の人に質問された思い出がある。
「石井さんはサッカーをお好きなんですって?好きなチームはどこですか?」
「マリノスが好きです。」
「いやいや、そういうのじゃなくてレアルとか、もっとあるでしょ!」
当時は、長崎にJリーグクラブが出来るなんて想像できなかった。ちょうど長崎県にプロサッカークラブを作ろうという動きが本格化し始めた頃だった。Jリーグを目指し始めたクラブのバス車体広告のビジュアルには選手でも監督でもなく高木琢也が使用されていた。長崎県民にとってプロサッカーとは自分ごとではなく、テレビで見る欧州のサッカーだった。

何を怯えていたのだろう。縦パスの入らない前半。ときたま、緩急に変化をつけてワンタッチでパスをつなげば長崎の選手はついてこられない。それでもやらない。トリコロールは、最下位の長崎を攻めあぐんだ。

甘いコースに置きに行ったPK失敗。ここまで力の差が歴然としていながら、ピッチ上では、トリコロールのユニフォームの上にスタンドからは見えない重石を背負っているかのようだった。無駄な浮き玉のパス、到底、通るとは思えないディフェンスラインの裏への無駄なパスが繰り返される。

後半に入ると、トリコロールは自信を取り戻す。斜め前へのパスが繋がる。走る。ドリブルをすれば突破できる。やろうとすれば、途中まではほぼ出来る。あとはシュートを枠に撃てばいいのだけれど・・・。

負けるはずのない試合。長崎の選手は明らかに個人技術で劣る。判断も遅い。セットプレーの守備をしくじらなければ、このクラブから失点はないだろう。ただ、それゆえに、トリコロールは攻撃をどうするか、少しばかり考えすぎて墓穴を掘っているように見える。

「もういいだろう、汝らに勝ち点を与えよう」と神が呟いたのか、伊藤翔の足にボールが当たり、何故か徳重が、そのボールを見送りゴールマウスに転がり込んだ。

ワールドカップ明けからの長い闘いには、ほぼ決着がついた。我々は勝ち残った。
「翔!」
「天野!」
「山中!」
試合を終えた選手たちにスタンドからは声が飛ぶ。トリコロールの選手たちは、ほんの少しだけ逞しくなった。代表入りを果たした選手も2人。勝利の喜びを胸に諫早駅に向かう。スタンドから外に降りる階段を歩くと、ホーム側ゴール裏から愛するクラブを讃えるチャントが響いてきた。

諫早駅から長崎駅へ移動。長崎駅前のホテルニュー長崎のスタッフも、グラバー園近くのホテルモントレ長崎のスタッフも、眼鏡橋近くの松翁軒本店2階のカフェにいたおばちゃんも、みんな試合の結果だけではなく経過を知っていた。Jリーグが媒介となって、たくさんの人と話が弾んだ。
「あんたマリサポでしょ。町田を応援しなさい。」
隣の席になったおばさまに突如怒られる。長崎の人々は初めてのゼイワンを楽しんでいた。アウェイサポーターを歓迎していた。

マリーシア九州メンバーは、毎年、九州でのアウェイゲームの準備を入念に行う。横浜から遠征するメンバーを迎え入れるためだ。彼らの今年の新年会会場は長崎駅前の店。福岡からも複数のメンバーが駆けつけた。なぜなら、長崎でのアウェイゲームの祝勝会の下見を兼ねていたからだ。どんな空間なのか、何が美味しいのか、細かく見極める。その結果が、楽しい祝勝会だった。

長崎市内に住む鈴木は、祝勝会で思いを語った。
「私の夢はV・ファーレン長崎がJ1昇格して、長崎にマリノスがやってくる。そしてマリノスが勝つことだったんです。」
彼女にとっては、残留を確実にした喜び以上の、格別の大勝利だっただろう。鈴木は日産スタジアでの勝利のときよりも高く、そして何度も飛び跳ねていた。

また、来年も、この長崎でアウェイゲームを闘いたい。勝って飛び跳ねたい。
「サッカーには夢がある」

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線2018 横浜0-1東京

選手たちはサポーターと共に闘っている。サポーターの声を信じている。プレーと声援は一体化し有機的に回る。その絆は太い。

ブーイングの飛び交う後半となった。主審はトリコロールのスローイングを示したが、それに気がつかずにボールを叩きつけて全身で副審の判定に不満を示す選手。そして、直後に、なんでもないボールコントロールをミスする。そんなシーンもあった。連携の噛み合わない試合。冷静さを失い個人の意地が各所で剥き出しになった。

チャン・ヒョンスはトリコロールサポーターが陣取る側のゴールで得点すると、反対側のゴール裏にまで走った。天に雄叫びをあげるのでも、派手なガッツポーズを示すのでもなく、チャン・ヒョンスが、まず行ったは、ガスサポーターへ深々と頭を下げることだった。それは、まるで「このクラブで一緒にサッカーをやりたい」と訴えかけているかのようだった。チャン・ヒョンスは試合後に泣いていた。

今日の目の前のサッカーに向き合う心理の違いが表れた試合だった。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ ルヴァンカップ2階の目線2018横浜0-1湘南

かの有名な西ドイツ代表を世界の舞台に導いた名将・ゼップ・ヘルベルガーは、このように言った。
「Nach dem Spiel ist Vor dem Spiel.」
(終了は次の始まりである)
この名言は、日本では「日本サッカーの父」と呼ばれるデットマール・クラマー氏が、東京五輪後に選手たちに
「タイムアップの笛は、次の試合へのキックオフの笛である。」
と伝えたことで有名になった。当時の通訳はコーチであり、のちに日本サッカー協会会長となる岡野俊一郎氏。

試合は終わった。紙一重の差や不運でタイトルを逃したわけではない。見せかけの「猛攻」は終盤の少しばかりの時間帯にあったものの完敗だった。貴賓席での表彰を受ける際、そして、表彰を終えてスタンドに戻ってくるとき、選手たちは悔しさを隠せない表情だった。彼らは力を出し切ることができたのか・・・。

全ては試合開始20分間の湘南の圧力に起因していた。例えば、仲川に対して飛び込まずに距離を置いたポジションをとる。ゴールキックはペナルティエリアの前に3枚を並べペナルティエリアの両脇の選手をフリーにするが次の縦パスのコースは切る。山中にパスを出させても人数をかけて縦のコースを徹底的に塞ぐ・・・。スタンドの上から見れば一目瞭然だし、文字にして書き起こして見れば当たり前のトリコロール対策だった。だが、ピッチ上の選手は決勝戦の緊張感からか、それに対応することができなかった。
「こんなはずじゃない」「やりにくい」
そんな感情だけが、スピード感のないプレー選択から漂っていた。

与えられたタスクをやり切った湘南の選手が素晴らしかった。そして、残念だがトリコロールは、そこに勝る打開策を有していない実力だったと納得するしかない。だが、落胆し力不足を嘆く必要はない。振り返ってみてほしい、今大会のトリコロールの戦いぶりを。残留争いをする波風荒い後悔の途中で、私たちは新しいトリコロールの姿を探して前進し続けてきた。

グループステージ第4節2018年4月18日(水)味の素スタジアムの感動を思い出してほしい。偽サイドバックの役割とセンターバックのあり方に試行錯誤していた時期の試合だ。1分にケイマンから失点し、38分には、あの梶山に追加点を奪われてしまう。この試合を支えたのは2得点した伊藤翔であり、最終ラインから鋭い縦パスを連発した下平匠であり、ウイングとして初めて自分のポジションを見つけ出した仲川輝人であった。得点時間は67分と84分。

残留争い真っ只中の準決勝第1戦2018年10月10日(水)カシマスタジアムの激闘を思い出してほしい。90+3分に失点し90+5分にウーゴ・ヴィエイラのゴールで勝利とアウェイゴール2点目を強奪した。グループステージから多くの選手が苦闘し、勝ち点を積み上げて立つことになった決勝戦の舞台だった。大会を通して得たものは大きい。タイトルを奪えなかったが胸を張って良い大会だった。

勝つためにタスクを与え、選手が体を張って最後までやり切った勝者湘南。圧力を受けて本来のサッカーを見失い、余所行きのサッカーをせざるを得なくなって完封されたトリコロール。見せかけの「猛攻」は、本来のやり方ではなかった。我々の歩んできた道が誤りなのではない。表彰式の最中に、何が足りなかったのかを考えれば考えるほど、私たちには目指すべき未来が見え続けているという結論に達した。課題は、依然として目の前にある。

元日、埼玉スタジアム。ミスからの失点に沈んだあの日、私たちは表彰式が始まるとスタンドを離れた。だが、今日、トリコロールと湘南の表彰式をしっかりと目に焼き付けた。大きな拍手を贈った。また、決勝戦の舞台に戻ってこよう。ここに「忘れ物」など存在しない。カップウィナーに相応しいチームになれば、必ずタイトルを獲れる。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ ルヴァンカップ2階の目線2018横浜2-2鹿島

さすがはJリーグ随一の名門。積み重ねた実績は、トリコロールの弱気の虫を見逃さない。飯倉のミスの後は怒涛の攻撃となった。後半に浴びせたシュートは11本。これで主力メンバーを欠いているのだから、本当に強い。それでも、決勝戦には進出できなかったのだから、曽ヶ端には、ほろ苦い思い出となっただろう。

休むことなく、激しく素晴らしい試合だった。両クラブの選手には敬意を表したい。そして、今日は佐藤主審が見事だった。特に大津のカードのシーンのような選手への説明が丁寧だった。「このファール単独ならカードではないが繰り返しだからカードだよ」という説明と、説明を受けて大津が納得するのは遠くからでも解った。選手はやりやすい試合になっただろう。スピーディな試合の立役者の一人だ。

2点目は、これぞポジショナルサッカーといえる美しいゴールだった。バイタルスペースに動いて天野がパスを受けて左に展開。山中がインナーラップからボールの前を横切って外に走り抜けてコースを空けたハーフスペースに走り込んだ天野がフリーで受けて、グラウンダーでゴールマウスを横切るクロス。逆サイドのレーンを走り込んできた仲川が決めた。なかなか形ができずに苦労していた夏場の努力が実った見事なゴールだった。

選手は試行錯誤しながら学び、ついにタイトルに手がとどくところまでやってきた。サポーターはマンチェスター・シティの試合を視聴し、本を読み、話し合って、目指すべきサッカーの姿を共有した。そのサッカーが目の前にある。トリコロールは確実に強くなった。関わる全ての人が強くしたのだ。

ベルマーレの前身のフジタと最後にカップ戦の決勝戦を闘ったのは1989年の元日だった。思い出してほしい。トリコロールは、それまでリーグ戦タイトルを獲れないチームだった。だが、この天皇杯を獲得。そしてJSLカップを獲得。ついには日本リーグも初優勝し三冠を獲得。翌年も2年連続で三冠。第1期黄金期を迎える。

たった一つのタイトル以上の収穫を得られるかもしれない・・・次の決勝戦は。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線2018 横浜2-1札幌

「フライデーナイトJリーグ」・・・私たちは、その言葉の意味を理解していなかった。ただの平日の試合じゃないかと思っていた。しかし、それは全く違う思い込みだった。水曜日の試合に少しばかり影を降ろす背徳感。週の半ばで、あの仕事を、あんな状態までで終わらせてきてよかったのだろうか・・・明日も仕事のスケジュールは忙しいのに・・・。しかし、「フライデーナイトJリーグ」は違う。スタジアム照明に照らされる心の開放感。目の前の対戦相手を、叩き潰すことに集中できる喜び。

そして、試合は素晴らしい。休みなく攻める。ポジションを守って囲んで奪う。その繰り返しは札幌にダメージを与え続けた。予想外の長いアディショナルタイムであったが、既に、札幌には反撃する力は残されていなかった。これで3連勝だ。

何がクラブを変えたのか、誰がクラブを変えたのか、それは分からない。だが、選手たちは躍動し、先制点を許しても引くことはなかった。戦う姿勢を見せ続けると同時に、仲間を助けるための小さな移動を繰り返す。札幌の守備陣が空けた空間に侵入し、良い状態で前を向いてパスを受ける。そして、次のアクションへ。その一つ一つのプレーに拍手が起き完成が湧く。金曜日のスタジアムは一つの有機体となった。

それを構成するのはトリコロールだけではない。札幌の素晴らしいサッカーもあっての、この熱戦だった。主力3人を欠いてなお、あの素早いダイレクトでのサイドチェンジを交えてサッカーは魅力的だった。まさに、真っ向勝負の面白さが日産スタジアムを熱気に包み込んだのだ。

「フライデーナイトJリーグ」・・・私たちは、その言葉の意味を理解していなかった。私たちは一足早く勝ち点3を獲得した。満足だ。残留争いのライバルに先手を打った。土日に試合を行う諸君、まあ、ほどほどに頑張りたまえ。検討を祈る。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線2018 横浜5-2仙台

失点は不用意なホールディングのPKとオウンゴール。5-0の完勝でもおかしくなかった。雨の三ツ沢はリーグ戦ながら、観客数がわずかに約8,000人と寂しい入りだったが、目撃者はしっかりと感じただろう。

強くて面白いトリコロールが帰ってきた!

敵陣でボールを奪い、急所を突く鋭い攻撃を繰り返す。ゴールが見えたらシュート。まずは中央を攻め、サイドに開いて崩す。パスを受けたらボールを前に運ぶ。基本に忠実に休むことなく、それでいて無理することなく楽しいサッカーを展開し続けた90分間。高い位置で守備の仕掛けを行い引かない心意気を示し、攻撃時には5レーンを活かし強気の縦パスを入れた。攻守にスムーズでストレスの少ない試合。スタンドは沸きに沸き、ピッチ上の選手のプレーに共感し、伊藤翔への想いに泣いた。

遠回りだった。長い低迷の時間を過ごした。しかし、ウーゴはゴールハンターの感覚を取り戻した。山中は本来のやるべきプレーを披露した。天野はプレーに怖さが加えた。大津はチャラ男から美獣に変身した。レギュラーポジションを失っている喜田、久保も存在感を示した。中町は出場しなくてもクラブ内でのポジションをスタンドに伝えた。大切な終盤を迎えて連勝。しかも、他会場は台風で順延も。これならば、勝ち点で上回った状態でリーグ戦を進められる。暫定順位でも降格圏、もしくは降格圏ギリギリの順位のクラブの選手は辛い心理状態で10月の闘いに臨むことになるだろう。

「次も勝とう!」「頼むぞ闘う男たち!」

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線2018 横浜1-2浦和

試合終了のホイッスルが鳴ると、スタジアムにはなんともいえない長い間が生れた。声を出す元気が起きなかった。残念だが、裏切られた気分すらあった。

10年ほど前には、あれほど盛んに行われた「最終ラインから前線への放り込み」が滅多に見られなくなったのは、世界的に対策が明確化し、得点のチャンスが生まれないということが共有されたからだ。アマチュアのサッカーならばともかく、ワールドカップに連続出場する国のトップリーグで、「最終ラインから前線への放り込み」で得点を挙げることは稀になっている。

ポジショナルサッカーで対戦相手の守備陣形を崩し翻弄してゴールを強奪するサッカーを目指したトリコロールと「最終ラインから前線への放り込み」は、全く相容れない。しかし、負けることを恐れた選手たちは、あのプレーを選択した。これは、まさに、勝つための手段を放棄したアマチュアのサッカーを選手は選択したといえる。同じビジョンを共有して、ここまで後押ししてきた関係者も落胆したことだろう。試合後の監督は怒っていた。

勝つべき試合だった。序盤、そして、同点に追いついてからはピッチ上を支配した。特に、同点に追いついてからはフィジカルコンタクトでも浦和を圧倒した。少しくらい無理目のコースのパスであっても、危険なゾーンへのパスであれば浦和の選手のバランスを崩して、通せる可能性は高かった。あの時間帯のチャレンジを続けて、パスを引き出す動きを続けていればトリコロールは勝利したはずだ。しかし、気がつけばサイドに逃げるパスが増え、手数が増えた。選手は勝つために全力を尽くすことが出来なかった。残留争いの最中であっても、楽なプレーを選択したのだ。「最終ラインから前線への放り込み」は突如起きたわけではなかった。

紙一重の差で降格は決まる。今は、たまたま得失点差でライバルを上回っているだけだ。全ての力を出し切らなければ、この厳しい戦いを勝ち抜くことはできない。浦和は、前半にプレーが止まった時間を利用して緊急ミーティング。マルティノスにボールを預けることがなくなりイージーなボールロストが減少。試合の流れを変えた。試合終了直前に遠藤をエキサイトさせ、その間に、最終ラインの選手たちと西川は守備方法の確認をすぐに始めてポジショニングの先手を打った。勝ち点を得るための姿勢に、明らかにさを感じた。

残留できるかどうかの差が出るのは、ここまでくれば、戦術でも監督の統率力でもない。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

 

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ ルヴァンカップ2階の目線2018横浜3-1ガンバ

アウェイゲームで大勝。スリリングな試合になるか、それとも余裕のある安心のゲーム運びを披露するか、期待と不安の合間の心境で日産スタジアムに足を運んだのは1万人以上。当日券が伸びた。このチームの行く末が、みんな気になるようだ。

立ち上がりから積極的にボールを奪い取り、ピッチを大きく使ってパス回し。休まない。ガンバは焦り、突っ込んでくる守備。それをいなす。パスを引き出す動き、パスコースを作るための運ぶドリブル、そしてコンパクトな守備陣形。余計な手間をかけすぎず、中央突破も再三狙う。これこそが、トリコロールの目指す姿。誰もサボらない。仲間への思いやりすらスタンドに伝わる。冷静に闘った。

先制、そして追加点。

「もうこれくらいにして帰ってやるをやりたい。」
「ファビオあたりを退場にしてリーグ戦にもダメージを与えたい。」
「あと、見たいのは宮本の退席だな。」
「それ見たい!」

過密日程で動きが落ちる前に早めの選手交代。思うように得点できないウーゴ。一度もゴールネットを揺らせていないユンユン。あのストライカーが、絶好のチャンスにシュートを置きにいき外す。
「どうしたんだウーゴ!」
ところが、終盤はスタンドとピッチ上が一体化したユンユン大応援大会。その雰囲気に飲まれたのか、それとも、これも仲間思いからか、ウーゴが絶好機にユンユンにパス。そしてノーゴール。ダメなのか!?と思ったが一瞬、追加点をゲットしたのは伊藤翔のショータイムシュートだった。
「やっぱ冷静だわ。」
「あのコースを狙ってくるとは・・・。」
「今の伊藤翔には全てが見えている。」

愛と信頼に満ちたホームスタジアムだった。この日の朝は「つちへんのおおさか」の歓喜に日本中が包まれたが、「こざとへんのおおさか」に勝利は遠かった。それでも、彼らもまた、試合後に愛を確認していた。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線2018 横浜3-1柏

真夏の夕涼み着、入浴時の着衣だった浴衣は、いつの間にか高級な晴れ着の一種となった。それが、ユニクロなどの大手アパレルによる、自宅で洗濯できる安価な商品の市場投入で、一気に普及したのが近年。物の常識は時代とともに変化し、価値も変わっていく。

降格圏の入り口で踏みとどまっているもの、残留争いを強く意識しているトリコロールは未来を見据えた理想のサッカーよりも現実的な闘いを選択。サポーターもそれを受け入れ、目の前の対戦相手を叩いて勝ち点を確保することに全力を注いでいる。試合前は浴衣フェスで笑顔が溢れたスタンドも、試合開始のホイッスルが鳴れば、雰囲気が一変する。

山中がケガで早い時間にピッチを去る。そのポジションをカバーしたのは喜田。不慣れではあろうが、偽サイドバックを取り入れた戦術であったことが幸いし、闘志溢れるプレーで強力な柏攻撃陣を跳ね返す。松原以外は、開幕当初では考えられない顔ぶれとなった最終ラインは粘り強く闘い抜いた。前節に続いて、飯倉のプレーは安定し、まさに守護神の呼び名がふさわしい。

とはいえ、この試合の内容が良かったかといえば、それは別の評価だ。パスを回すシーンが長い。つまり、持たされている・・・いや、勝手に持ち続けて試合を難しくした。前半から、パクジョンスは、縦パスへのプレッシャーが弱く、簡単にボールを中央でキープすることが出来た。バイタルエリアに次の選手が走りこめば、前を向いて次のプレーをすることが出来たはずだ。だが勇気なく、そのようなプレーは数える程しかなかった。ボールは外へ、外へ。

この試合の決着を決定づけたポイントは、地味ながら、いくつか見える。一つはブマルが倒れたシーン。頭を打ったわけではない。ブマルは緊急で治療を受けたければ回転してでも外に出れば良い。主審もプレーを止めさせない。それは当然のことだ。しかし、ブーイングで雰囲気が変わり、トリコロールの選手たちはプレーしたくないというアピール。戸惑う柏。ボールが動かなくなる。その時間があまりに長く、柏がタッチにボールを出す決断。ついには主審はプレーを止める。

「なんというお人好しなんだ!」
「まさか、柏側から止めるとは!」

柏の選手たちには、まだ厳しい残留争い真っ只中の強い自覚はなかったのだろう。なお、ブマルは、すぐにプレーに復帰し、時間を稼ぐパス回しにも参加。

さらには、試合終了直後の柏サポーターから掲出された横断幕。そこにはルヴァンカップ獲得を望むメッセージが書かれていた。柏サポーターは、目の前のリーグ戦に集中できていなかった。3点目はGKが指示を出さなかったことで生まれた。さらには、なぜかバックパスをキャッチする珍プレーまで。

残留争いの勝負は紙一重だ。クレバーなプレーをしているとは言い難い大津だが、頑張りで平均を遥かに上回る貢献をした。再三にわたって、なぜか天野がパスを出そうとする方向とは逆のスペースにばかり走り出すブマルだが、サボらず献身的にプレーをし続けたおかげで2アシストの結果を残した。まずは全力でプレーし続けることの大切さを示してくれた。厳しさの足りなかった柏と、全力で残留のためにプレーし続けたトリコロール。その差は紙一重かもしれないが、勝ち点の差は3つ、いや、直接対決なので6に相当する差がついた。

順位はひっくり返った。柏レイソル・・・地獄へようこそ。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線TV2018 横浜1-2清水

「なんでサイドからのクロスがバイタルに流し込むグラウンダー一本槍になっちゃうんだ。」
「前節に久保が決めたからなのか。」
「成功したら、こればっかりになっちゃうってのはどうなのよ。工夫しようよ。」
「久保にパスを出せば戻してくれるのだから、ひとまず預ければ良いのに・・・。」

全体的には仕掛けの多い試合だった。ほとんどの選手は90分間を動き続けた。これまで、決まり切った予定通りの交代しかしないと言われていた監督は攻めの采配を見せた。しかし、それが裏目に出てドゥシャンが退場。最終ラインを3枚から4枚に変えるとき、すでにカードをもらっていたデゥシャンをピッチに残した。なぜならデゥシャンが、このチームの柱なのだ。普通のシチュエーションであれば、デゥシャン退場で攻撃の枚数を減らしてディフェンダーを入れるだろう。しかし、監督は動かなかった。

「これは、何が何でも得点しに行くという決断だな。」

怒涛の攻撃が始まる。一人少ないことを感じさせない。清水の選手の両サイドバックの足が攣る激戦。むしろ、こちらの方が人数が多いかのように見える。だが得点できなかった。大切な一戦を落としてしまった。試合終了のホイッスルが鳴ると、静寂の時が流れる。

負けだ。しかし、10人になった時点で、誰が何を出来るのか、土壇場で何を考えられるのかが明らかになった。闘える選手と、怯える選手に別れた。それが分かったことは小さな収穫。この経験が、残留争い大詰めの選手起用に役立つことになるかもしれない。

そして、ドゥシャンとチアゴのセンターバックコンビに畠中と喜田を加えた守備陣はスタンドを沸かせた。強い。そして、前後の動きによる対戦相手との駆け引きに迫力。ドゥシャンとチアゴは、まるで全盛期の松田と中澤のコンビのようだった。日産スタジアムに、守備の面白さが帰ってきた。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。