Jリーグ2階の目線2018 横浜0-1鹿島

肌に当たる風の冷たさを感じ、試合開始前に長袖を羽織る。2月に開幕したJリーグは、あっという間に終盤戦は突入していく。各クラブは、ワールドカップの中断期間を経て、戦術を熟成させ、補強戦力も加えて、戦い方をより研ぎ澄ませていく。サポーターは選手たちを信じ、そのプレーを後押ししていく・・・というのが普通のクラブの話だ。

トリコロールは、この夏、退化の一途をたどっている。選手たちを信じたいところだが、選手たちの何を信じればよいのかも分からなくなってきている。もちろん、選手たちは全力でプレーしている。手抜きの気配なんてどこにもない。そこに疑いの余地はない。だが、上手くいかないのだ。きっと理由がある。だから監督は手を打った。この鹿島戦の布陣は、とても解りにくい報じられ方をしたが、実は選手の動きを単純化する具体策だったように思える。鹿島神宮のある高台から駅に降りる坂道で試合の展望とシステムについて会話する。

「どんなやり方になるんだろうね。」
「そんなに難しいことではなくて、中央に人数をかけて守る。でも、攻めるときは両サイドが開いてよいよ、ということだと思うよ。」
「それならば、山中が攻守に、中に外に、頭を使って動く必要もなく、単純に攻めるときはやりたいように外に行けるのか、なるほど。」
「4バックのときも扇原が下がって3枚になってしまうことが多くて中が不足することがあるから、最終ラインを最初から3枚にしてわかりやすくしたのだと思うよ。」

試合が始まる。会話のとおり、最終ラインに3枚、山中と松原は両翼に開く。山田と天野がインサイドのポジションをとると、きれいに5レーンの布陣となる。これなら、ピッチ上の選手は悩むことなく単純にポジショナルなプレーを出来そうだ。

守備は安定してきた。ドゥシャンは力強く勝負する。チアゴは噂通りにスピードが速い。ラインの裏をとられても簡単に追いついてカバーできる。中盤で早めに囲い込む守備も、少しばかり復活した。監督の狙いは的中した。チームが退化を進める途中での収穫だ。

そこまでは守備の話だ。残念ながら攻撃には問題だらけだ。特にドゥシャンとチアゴには縦パスを入れようとする意図を感じるが、受けられる可能性がある動きをしているのは山田のみ(伊藤のマークがきついのは当然)。天野と大津は、そこにはいない。扇原が縦にパスを出したいシーンで前を向いても、受ける準備が出来ている選手が誰一人いないという場面も。それはそうだ、なにしろ、天野と大津は、そこに姿すらなかったのだ。布陣と矛盾する動きがありすぎる。結局のところ中央での縦パスが入らず、前半はサイドに逃げたサッカーとなり「中央からの攻撃5%」という前代未聞の数字が発表された。

選手は一所懸命にプレーしている。各自が工夫もしている。これは想像だが、それが裏目に出ていないか?
「扇原のところが詰まったら、天野は下がってサポートしてあげなさい。」
「大津は裏への抜け出しやサイドにも動いて伊藤翔へのマークを剥がしてあげなさい。」
監督のアドバイスを拡大解釈しすぎてはいないか?

天野は扇原の隣もしくは最終ラインの位置にまで下がって試合を組み立てることが多かった。右にいるときも左にいるときもある。まるで中村俊輔のようだ。大津は、どう考えてもパスがこないタイミングで裏に向けて何度もダッシュし、サイドでの数的優位も作った。自分なりに考えてのプレーだろう。だが、その結果、ドゥシャンとチアゴにはパスの選択肢がなくなった。

きちんと崩してチャンスを創ったのは数回。得点差は1であったが、見事な惨敗だった。選手を信じよう。ただし、それは選手の頑張りやクラブへの忠誠心に疑問を抱かないと言う意味だ。頑張っても、やり方に致命的な欠陥があれば、その頑張りは無になる。形無しのトリコロールは大海原でダッチロールを繰り返している。解決策に気づくのは選手か?監督か?それとも誰なのか?気づかずに時間だけが進んで行くことは、サポーターからの批判の対象となるだろう、たとえ選手を信じていても。

もうすぐ季節は秋。思い起こしてみれば、あの降格大ピンチのシーズンにブリット、ナザ、ドゥトラが助っ人として加わりJデビューしたのは2001年8月11日だった。あのとき、トリコロールは、すでに進むべき航路が見えていた。あなたには、航路は見えるか?灯台のあかりは見えるか?

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ 2階の目線2018 横浜1-2名古屋

急増の3バック。監督が豪州代表でワールドカップ予選を勝ち抜いた布陣。中澤の負担は減っただろう。山中は好きなタッチライン際に立つことが出来ただろう。監督にとっては、困った時に立ち返る場所が3バックだったようだ。だが、選手たちにとっては初体験のやり方。どうすれば良いのか判らず、攻守にギクシャクした試合は残念な結末を迎えることになる。

残留争いのライバルに勝ち点3を献上。これまでは「降格圏に落ちるピンチ」を一部のサポーターは訴えてきた。ここからは「降格のピンチ」を嘆きながら応援する日々が始まる。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線 横浜1-0湘南

「恐れることなく闘う」・・・これが、どれほど難しいかを痛感している。シーズン当初のような高いポジションに戻しコンパクトな陣形。山中、松原は偽サイドバックの役割を果たす。これを45分間、やり通しただけでも、この試合の価値はある。

しかし、全体に攻撃の手数は足りず、仲川にスペースに走ってもらいクロスを入れるだけという単調な攻撃の決定機が何度か。献身的に働きつづけた天野がシュートと見せかけて入れたクロスをウーゴが叩きこんで先制点。ここから、トリコロールは、恐れることなく闘い、何度かのチャンスを創り出した。素晴らしい時間が流れる。特に、扇原の進歩、ブマルの頑張りとクロスの軌道、流血大魔王・松原の働きに心踊る。

走り負けたわけではない。だが、序盤からの徹底した中澤狙いがジワジワと効いて、いつの間にか裏を突かれるのを恐れるサッカーが舞い戻ってくる。ディフェンスラインは撤退し押し込まれる。カウンターの距離が伸びる。人数が足りない。そこからは粘りのサッカー。選手交代で前からの強度を維持して、なんとか陣地を挽回して逃げ切りを図る。前に、後ろにパス回し。出来るだけ、湘南の選手が勢いよく突っ込んでくる中澤のところを飛ばして、余裕を維持する。

勝った。試合終了のホイッスルと同時にスタンドが絶叫する。多くの選手はプレーを改善した。そして立ち返る場所は昨シーズンまでのサッカーではなく、もちろん、モンバエルツ監督就任以前のサッカーでもなく、今シーズン開幕当初のサッカーであることも確認できた。あとは「恐れることなく闘う」こと。強い気持ちを表現できた時間帯のサッカーならば通用する。残留争いに沈んでいくサッカーではない。

トリコロールのサッカーに誇りを取り戻すきっかけになるかもしれない一戦だった。次は名古屋との直接対決。恐れることなく闘え、トリコロール選手たち。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

 

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線 横浜0-2川崎

これまでにも、酷い試合は何度もあった。それでもゴール裏のコアゾーンからはブーイングは起きなかった。この夜、選手たちが試合後にゴール裏スタンド前にやってくると、大きなブーイングが起きた。選手の後に、ポステコグルー監督もゴール裏スタンド前にやって来た。

ワールドカップの中断を経て、仙台戦で得た勝ち点と得失点差と引き換えに、私たちは多くのものを失った。得失点差もマイナスとなった。選手たちのピッチ上での選択肢を、このチームのプレー原則からに戻すためにだろう、監督は左サイドバックにイッペイを起用した。前後左右にポジションを動かしてパスコースを生み出し、ドリブルでの挑戦も織り交ぜる。型があり、時にそれを崩す。イッペイは、その役割を果たした。

王者川崎は富士通ゼネラルの様なサッカーだった。省エネ大賞を受賞できそうだ。では選手がサボっているかというと、その様なことはない。適切なポジションをとるために、ボールの位置に合わせて選手が自分で動いているからパスコースが生まれ無理なくパスを通している。トリコロールとの対比は鮮やかだった。

追い込まれると、人は「あとは気持ち」と簡単に言う。だが、今、必要とされている「気持ち」は「闘争心」よりも「考える」気持ちではないか。後半に左サイドは「闘争心」を見せた。少しばかり派手に攻めた。だが、このチームのプレー原則を無視したプレーからでは、最後には無理めのクロスを入れるにしか至らない。シーズン当初には感じられた型がピッチ上にないからだ。

実に腹立たしい試合だった。理由は負けたからではない。相手は王者だ。簡単に勝てる相手ではない。結果よりも選手の取り組み方への嘆きが大きい。そして、その穴埋めに奔走させられる選手がいる。「勇猛果敢」とは何なのか?

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線2018 横浜2-5東京

最初のゴールキックだった。なぜか飯倉は左足で緩い山なりのボールを右サイドに蹴った。そのサイドにいる田邊や太田の心中は穏やかではなかっただろう。そして、序盤のフリーキック。右足で東が蹴るであろう、または太田は枠に蹴ってこれないだろうと考えてポジションをとり、先に左に動いた飯倉をあざ笑うかのように、太田はフリーキックをねじ込んできた。元日本代表の意地を感じる一撃だった。

ガスのコンパクトな守備陣系を恐れて、外でパスを回すトリコロール。数年前のサッカーのようだった。やり方が分からなくなったならば、0−2で凌ぎ、ハーフタイムに立て直す方法もある。ならば、堂々と、しっかりと前でパスを回して時間を作れば良い。だが、ピッチ上では自らの怖れを表現する後ろへのパス。その心理を突かれた3失点目で、この試合は決まった。前半で0-3。

後半から登場した選手の頑張りもあって2得点。そうだ、安定した得点力はある。残留争いに重要な得失点差は、この2得点によりプラス2。そこで踏みとどまれたのは、大きな収穫だと思う。そう思わなければ、平常心を保てない・・・そんな蒸し暑い日曜日の夜だった。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

天皇杯2階の目線2018 横浜2-1横浜FC

1998年10月29日に横浜フリューゲルスと横浜マリノスの合併記者会見が行われ、そのシーズンの終了をもって横浜フリューゲルスは消滅した。今年は、あれから、ちょうど20年。当然のことながら、横浜フリューゲルスは、この世には無く、例えば、イタリアのフィオレンティーナのような復活もしていない。

人々は、フリューゲルス復活を夢見たサポーターの物語を記憶に残す。辻野臣保さんが代表発起人になり、立ち上げられた「横浜フリューゲルス再建協議会」は、全日空スポーツからフリューゲルスを譲り受け、Jリーグが理念に基づく、本当の意味の市民クラブを設立することを目的としたが、凄まじい内部抗争を経て、その夢は途中で霧散した。辻野臣保さんはサッカー界から去り、横浜マリノスサポーターを含む広い層から4,000万円以上を集めた「フリューゲルス再建基金」はチーム再建に使われることはなかった。横浜FCは紆余曲折を経て、現在は、給食サービスを主たる事業とする企業のクラブとなっている。

人々は忘れているが、横浜マリノスも、この年に大きな痛手を負った。合併を認める者と認めない者は対立した。認めないサポーターはクラブを去った。フリューゲルスから移籍してきたスタッフの中には、契約を巡って訴訟騒ぎまで起こすに至った者もいる。横浜マリノスはチーム名に「F」という古傷を残して、横浜F・マリノスとして、今もJ1を闘っている。

共に20年前を区切りとして同時にスタートを切った両クラブが、久々に対戦した。トリコロールは美しかった。ウーゴヴィエラが同点ゴールを決めた直後に、各所から沸き起こったウーゴヴィエラコールは、この20年間の応援の集大成と言って良いほどの旋律を奏でた。メインスタンドだけでも、何か所からもコールが沸き起こり、最終的にはゴール裏を中心に全方位一体。誰もが自然に美しさと力強さを表現する個の集合体が出来上がった。

横浜FCのサポーターは試合前の黙祷を無視して応援パフォーマンスを続けたいサポーターと黙祷すべきだというサポーターの間で意見が衝突した。この20年間は長かった。そして、誰が見ても明らかな大きな差がついた。象徴的な出来事だった。

試合については、延長戦の末、勝利した。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ ルヴァンカップ2階の目線2018横浜1-1神戸

神戸のホームゲームは、とても雰囲気が良い。コンパクトで観戦しやすいスタジアムの構造。そして、Jリーグで随一のマニアックな選曲。

「Football’s coming home」という文字を大きくビジョンに映し出してかかる曲は「Three Lions」。
It’s coming home,
It’s coming home,
It’s coming,
Football’s coming home
帰ってくるぞ
帰ってくるぞ
もう来るぞ
フットボールがホームに帰ってくる

そして、もう一つ。何度も使用されたクラシカルな曲は、かつては日本の唯一のサッカー番組だった「三菱ダイヤモンドサッカー」のテーマ曲。そして、驚かされたのはルヴァンカップのアンセムの使用方法。通常は選手入場時に使用されるのだが、このスタジアムでは使用しない。リーグ戦と同じように選手が入場する。そして選手が入場後に場内に響くのがルヴァンカップのアンセム。UEFAチャンピオンズリーグのアンセムと同様の使用方法だ(誰もじっくりとは聞いていないのがUEFAチャンピオンズリーグとの違い)。

神戸の立場に立てば、アウェイゴールを2つ獲ってホームに帰ってきた試合。2-0で勝利すれば、通算成績が1勝1敗。得失点差が同じとなりアウェイゴールの多い神戸が勝ち抜け。アウェイゴールの妙が適用されるシチュエーションとなった。勝負は立ち上がり。10分間で主導権を握られると、勢いは神戸に傾く。

「先に点を獲れ!」
「引くな!」
「1点獲れば、この試合は終わる。」

悪くない入り方だった。神戸に前からプレッシャーをかける。引く気配はない。しかし、たった一つの軽率な謎プレーが緊迫感を高める。余裕のあるシーンで、なぜかパスをプレゼントしてしまう扇原。・・・失点。

「実に扇原らしい。」
「何をしようとしたのか解らない。」

その後は、右サイドを田中に破られ、危うく2失点目というシーンがあったが、徐々に試合の主導権を握っていく。そして、試合終了までの大きなピンチを招いたシーンは、この後は一度だけ。思考停止に陥って、誰も「やられる」と予感しいた山中が背後からボールを奪われるシーンだけだった。90分間の試合で危険だったシーンは3つしかない。

インターバルでトリコロールは進歩した。山中も松原も、神戸の攻撃に臨機応変に、それでいて原則を守りながら対応した。これまで、いまひとつ実力を発揮できなかった選手も、ポジショニングが良く、的確にボールを動かした。

「すごいなー。今日は素晴らしいよ。」
「5レーンをしっかりと使えている。」
「多分、芝生が縦に12本に分けて刈られているので、縦線でレーンがわかりやすいんじゃないですかね。」
「なるほど〜。」
「それかよ。」
と冗談が出るくらいにスムーズ。

そんな中でプリンス山田の役割が大きい。彼のパスを引き出す動きで左サイド偏重は解消した。ボールを動かすスピードも速く幅を取れるので、ポジションを崩してボールに寄ってくる選手が少なくなった。そして、時たま見せる、信じられない発想力。

前線のウーゴに高い山なりのパス。神戸の選手が触れそうで触れない。しかし、あれだけの滞空時間があれば、神戸の選手は複数でウーゴに寄ることができる。そこで手詰まりになるはずだが・・・。
「そこなのか!!!」
ウーゴが山田にパスを出す。そう!長い対空時間を使って、山田は逆サイドの前線に猛ダッシュ。ウーゴを追い越しにかかっていたのだ。ラグビーのハイパント攻撃のような発想。そんなピッチを3Dで解釈した大胆なパスワークを思いつく選手は、他にはトッティくらいしか思い出せない。そして、その奇想天外な発想を理解していたウーゴはパスを山田に出す。
「あれを解っていたウーゴも凄いや。」

シーズン開幕当初の中町を皮切りに、次々と選手が監督の目指すことを理解して実践して行く。ピッチ上で披露するプレーに新たな気づきがあり、チーム全体が次のステップに上がっていく。今シーズンの魅力が詰まった、中町から大津へのパス。大津の高速ターン。ディフェンダーの背後から飛び出してきて右足のアウトサイドでゴールネットに突き刺す弾丸シュートを放ったウーゴ。美しい。素晴らしい。

2得点が必要になった神戸は焦る。トリコロールは神戸のやる気を削ぐようなパスを回す。後手を踏んだ神戸はファールを繰り返す。これぞカップ戦。ホーム&アウェイの第2戦の闘いだ。この繰り返しになったのは、トリコロールが神戸のファールを恐れなかったからだろう。引くことなく、逃げることなく、前にボールを運び、ササっとボールを下げ、いなして見せては裏を突く。そして痛さに耐えてファールを誘発する。これぞマリーシア。次第に神戸は、ボールを追う体力を失っていった。

最後まで走り切ったトリコロール。崩れ落ちる神戸。試合終了。次のステージに進むのは我々だ。アウェイスタンドの前にやって来る選手たち。だが、表情は疲労困憊で、勝どきの腕が頭上に上がらない。試合中は、あれほどアクティブに動き回っていた選手たちは、強い日差し、高い温度と湿気、密閉性が高く無風の厳しい環境の中で、苦しさをスタンドに見せることなく90分間を闘い抜いたのだった。

プロフェッショナルを感じる試合だった。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

<おまけ>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ ルヴァンカップ2階の目線2018横浜4-2神戸

今から四半世紀も前の話だが、快晴14時キックオフの三ツ沢で、Jリーグ史上初のオウンゴールが生まれた。その鮮やかなシーンは記憶に深く刻み込まれた。それからしばらくの間、トリコロールには晴天14時キックオフのオウンゴール伝説が生まれた。実際に、何度かのオウンゴールもしくはオウンゴールもどきのゴールを私たちは目撃して来た。

やっと奪った4点目。ついに2点差をつけることができた。ホーム&アウェイの第1戦で2失点をしての1得点さの勝利など「引き分けよりも少しばかり良い」くらいのアドバンテージでしかない。2-1の勝利であっても「不満の残る勝利」でしかないのは世界の常識だからだ。それだけに、4点目の嬉しさは格別だった。そして、ディフェンダーがネットに絡まり不満のポーズをするところまでが、この手のゴールの様式美。その美しさが強い日差しに映える。

前から奪って素早く最短距離でゴール前に迫る、サイドで押し込んで折り返しのグラウンダーのクロスをコースを狙ってゴールに流し込む。やりたいカタチでゴールを奪えるようになってきた。やはり連戦の続くリーグ戦で修正できなかったことが、見事に修正されてきた。

山中のプレーも大きく変わった。中を縦に突くプレーが増えた。
「クロスがフワッとクロスじゃない!!」

インターバルでの修正、カップ戦組とリーグ戦組の融合。チーム作りの前進を感じられたことで、ありがちな大量得点の大味な感じがなかった。そして身体をぶつけ合って闘うシーンが緊迫感を盛り上げた。簡単には倒れない選手達。全員が全力で闘った。そんな選手を接触で吹き飛ばした佐藤主審。さすがはワールドクラス!!

みんな笑顔だった。快晴14時キックオフの三ツ沢の強い日差しに笑顔が眩しく輝いた。神戸でも笑おう、J1最多得点クラブ!!

ところで、神戸の7番・・・あれ、誰ですかね。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ ルヴァンカップ2階の目線2018横浜2-1新潟

なぜか扇原は荒れていた。ミスでボールを奪われ、後ろからタックルを食らわせ、ホイッスル後に新潟の選手を小突きカードをもらう。そこからゴール前を脅かされ防戦に。試合終了のホイッスルが鳴ると大きな歓声は起きず、スタンドからは安堵のため息。
「良かったー。終わったよ。」
「勝った。さあ神戸だ。」
ホッとしたというのが、皆の正直な感想だろう。

選手たちがスタンド前にやって来た。やっと大きな歓声が上がる。選手たちの労をねぎらう温かい声。

苦しい闘いの続くリーグ戦のメンバーと比較すれば、着実な進歩を試合後に感じることが多いカップ戦メンバー。山田、吉尾、遠藤がしのぎを削る。いつものような後半に守りに入って失点したくなかったからか、監督はウーゴを終盤に投入する念の入れよう。あくまでも攻めて時間を使う考えだ。なぜか最後は押し込まれたが、全体的にはJ2で2軍メンバーの新潟と個の力の差を見せた。

成長の道は半ば。遠回りの誘惑も多い。例えば、簡単に浮き玉のクロスを入れてしまったり、サイドに人数をかけ過ぎたりワイドに広がり過ぎて中央から逆襲を食らったり(それをワイドショーということにした)。しかし、この試合に残る事実はただ一つ。真実なんて探さなくて良い。

グループリーグを突破してタイトル挑戦の権利を持ち続けているということだ。

次の相手は神戸。奇しくも、似た者同士だ。同じ港町で中華街が・・・ではなく、ほぼ同じ戦術を導入してカップ戦を闘う似た者同士の対戦となった。真価が問われる・・・というよりも、両クラブの進化が問われる。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。

Jリーグ2階の目線2018 横浜1-1ガンバ大阪

試合の序盤。
「おっ、今日は山中が内側でプレーしているじゃないか。」
「それ扇原です。」

そして後半・・・。
サイドで天野がパスを受ける。タッチライン際の後ろには金髪がふたり。前に大津。天野は囲まれる。大津は前に囮の動きで、天野の内側にコースを作る。パスを出したい天野。誰も来ない。仕方なくドリブル。奪われる。ガンバは中央にパス。プレッシャーをかけずに、スルーパスを警戒して下がる。

そこでプレッシャーが皆無ならばやられる。そういうサッカーなのだ。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

Posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記 | コメントは受け付けていません。