好きなアウエースタジアムとは マリーシア感情的サポ論


前回は「行くのが面倒なアウエースタジアム」について考えてみた。今回は逆に「好きなアウエースタジアム」がテーマ。おさらいのため「行くのが面倒なスタジアムだ」と感じる理由のグラフを、もう一度ご紹介する。

「行くのが面倒なスタジアムだ」と感じる理由を教えてください。(複数回答)away_bad_wake

 

さて、上記の「行くのが面倒なスタジアムだ」と感じる理由を頭の片隅に置きながら「好きなスタジアム」のアンケート結果を見てほしい。ピッチからの距離が遠い日産スタジアムでホームゲームを観戦している反動もあるかもしれないが、予想通り上位はサッカー専用スタジアムが占めている。※横浜F・マリノスサポーター150名が回答。

 

好きなスタジアムを教えてください。(複数回答可)

away_good

 

サッカー専用スタジアムが上位を占めたが、その中でも「日立柏サッカー場」「NACK5スタジアム大宮」は評価が低い。これはゴール裏スタンドが立ち見席であることが影響している(大宮は勝てないことも大きく影響しているようだ)。

nihond

意外なのは1位が「IAIスタジアム日本平」であること。なぜなら「行くのが面倒なスタジアムだ」と感じる理由の1位は「駅からのアクセスが悪い」。「IAIスタジアム日本平」は「駅からのアクセスが悪い」に該当する。このような酷評も多い。

「帰りのバス待ち列整理が中途半端で列の内側か外側かでバスに乗る順番が変わる。バスが発車したらわざわざ一般駐車場の渋滞に巻き込まれに行く経路。スタジアムから国道までの道路が流れ悪過ぎ 坂を下りた先のクランク路は直線化すべき。そこをクリアしたら今度は国道に出てから清水駅までの渋滞。清水駅まで直通だと言っていたはずが 気がつけばドリプラ(エスパルスドリームプラザ)停車。Jリーグ創設時からあるチームの運営だとは思えない。ちなみに静岡ホビーショーでは同じバス会社なのに混乱はありませんでした。」

それでも「好きなスタジアム」に選ばれるのはなぜか?このような意見がある。

「近年、サッカー専用スタジアムがもてはやされて陸上競技場が敬遠される声をよく耳にしますが、大事なのはそこじゃないのではないかと思います。スタジアムでのイベントだったりグルメだったり、「他のより、このスタジアムに来てよかった」と思わせることが大事ではないでしょうか。それが良かったと強く実感するのは、相模原ギオンスタジアムとkankoスタジアムでした。グルメが予想以上に充実しています。」

「IAIスタジアム日本平」が好きなスタジアムに選ばれるのは「駅からのアクセスが悪い」ことを差し引いてもお釣りが来るほど魅力的な観光スポットになっていることが理由。一般に、観光資源には4つの要素がある。「1見る」「2食べ る」「3買う」「4回遊性」 。

 

「IAIスタジアム日本平」の「見る」

DSCF8021

サッカー専用スタジアムであり、試合をしっかりと見ることが出来る。そして、日本最高峰の絶景スタジアムでもある。ゴール裏最上段からの富士山の眺めだけでも、このスタジアムに来る価値がある。

 

「IAIスタジアム日本平」の「食べる」

IMG_4983

清水と言えば鮪。そして、日本平の苺。近隣では由比の桜えび、静岡おでん、お茶もある。安くて美味いモノを食べられるのも大きな魅力だ。

 

「IAIスタジアム日本平」の「買う」

DSCF8007

海産物をはじめとする土産物が豊富。エスパルスドリームプラザ、河岸の市をはじめ、クルマで乗り付けて豊富な土産物をセレクトできるスポットが近隣にあるのも特徴。

 

「IAIスタジアム日本平」の「回遊性」

DSCF4136

 

前述のエスパルスドリームプラザ、河岸の市だけではない。世界遺産の富士山、三保の松原、足を伸ばして静岡市。手前には沼津、伊豆といった観光地が点在。スタジアムの行き帰りに回遊する楽しみがある。

「高台からの美しい景色。坂を下ってタクシーやバスを捕まえるのもひと苦労だけど、それを乗り越えて頂く河岸の市での海の幸は絶品。自分的にはここまでがワンセットになっているので毎年行きたいと感じるようになりました。」

試合の応援を核にしてワンパッケージで4つの要素を網羅した周遊旅行を出来るのが「IAIスタジアム日本平」の大きな魅力。これだけ大きな魅力があれば「駅からのアクセスが悪い」ことも大きな問題にはならない。さらに、他にも、多くの意見が寄せられている。

「遠征初心者(という言い方があるかどうかはさておき)でも気軽に行けて楽しめるところだと思うんですよね。」

「近すぎず遠すぎず適度な遠征感、地元飯が美味い」

「お互いのサポがあまり敵対していないので、スタジアムやバスで不快な気分になることが少ない。」

「各駅停車や自家用車で行くのに無理のない距離なのはポイントが高いですね。」

「富士山が見えるのが何よりいいですし、パルちゃんが楽しみだったりします。」

「1階は選手を間近で見たい層で2階はサッカーを俯瞰で見たい層で両方の良さを観戦という意味合いで完璧にできている。」

 

さて、ちょっと気になることがある。朝日新聞の記事。清水エスパルスは静岡市役所に新スタジアムを建設するよう要望書を提出している。場所は明示しないが、JR東静岡駅前の市有地(約2・5ヘクタール)が念頭にあるとみられている。清水エスパルスは「交通が便利で、老若男女が安心して観戦できるスタジアムは『サッカーのまち静岡』のシンボルとなる」と早期建設を求めたわけだが、アウエーから訪れる横浜F・マリノスサポーターにとっては、「IAIスタジアム日本平」からJR東静岡駅前の新スタジアムへの移転で、駅からのアクセスを改善することと引き換えに、魅力的な観光資源を失うことになるのではないだろうか。今後に注目だ。

(とはいっても、基本的にスタジアムはホームのサポーターの為のものだ。)

2018年版はこちら

 

 

This entry was posted in マリーシア感情的サポ論. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.