2014年 Jリーグ2階の目線 横浜0-0甲府(三ツ沢)

Pocket

幾つかの決定機はあった。しかし、見せ場の少ない試合だった。満員のバックスタンドとゴール裏は、大きな不満を示すほどではないが、何ともいえない不満感を抱え、微妙な空気に包まれている。名古屋戦、鹿島戦の内容が散々だったために、上向きになっているように錯覚するが、実際は4試合で1得点。それもPKのみだ。

「なんか、ちゃんとしたサッカーを見た気がしない。」
「サッカー見に行こうよ。」
「じゃ、新横浜に移動しようか。」

8名は、この試合だけでは満足できず「しんよこフットボールパーク」に移動。なでしこリーグ昇格を目指すノジマ・ステラの試合を観戦しにいくことにした。2位までが昇格のチャンスを得られるチャレンジ・リーグで2位と3位の直接対決。これぞサッカーというプレーで、甲府戦の記憶は上書きされた。

中村大先生が不在の試合で、どのようなサッカーをするか注目された。預ける先が無くなったことで、細かいパスをテンポよく繋ぎ、ボールを前に運ぶ。むしろ、不調の中村大先生不在がチームを好転させるようにすら思える順調な滑り出しだった。しかし、小椋の怪我で攻撃の推進役を失い失速。代わりにポジションに入った富澤はロングボールを縦に放り込む「部活サッカー」風のゲームメイク。そこに、城福監督がキリノを投入してパスの出しどころを押さえにかかってきたことで万事休すだった。過去を振り返って、もし、中村大先生不在の際に備えて端戸がツートップかトップ下でパスを受けて攻撃を創造する役割を担えるようになっていたら、樋口監督の打つ手も少しは違っていただろう。だが、現実は、過去からの積み重ねの先にしかない。練習で意志を持ってやっていないことは出来ない。攻撃は機能しなかった。これまで怠ってきたツケを、私たちは払わされるということを思い知らされただけの試合だった。フラストレーションに負けて、普通の判定にまで罵声を飛ばすサポーターが目立つ。みんな、イライラしているんだな。空しい。

「この試合には、たった一つだけれど大きな収穫があったよ。」
「え?何それ?」
「東ティモールの選手を初めて見られたこと。」
「あ、キリノか。」

三ツ沢での開催だったが、結局、私たちは新横浜で飲んでいた。なんだか変化が無い。この程度の試合内容にも慣れたのかもしれない。

<みんなの採点>

榎本 哲也 5.5
安定したプレー。判断も良く完封。

栗原 勇蔵 6
高さで寄せ付けず、裏も取られず。

中澤 佑二 5.5
厳しい局面を迎えること無くラインコントロールで制す。

下平 匠 5.5
サイドでテンポよくパスを繋ぐ。

奈良輪 雄太 5.5
背伸びせず、やれることんだけを繰り返しやる。

小椋 祥平 6
負傷退場で存在感の大きさを知る。

兵藤 慎剛 5.5
良き繋ぎ役。ただしゴールへの脅威を感じさせられない。

佐藤 優平 5.5
もし短髪だったら存在に気がつかなかった。

三門 雄大 5.5
サイドに出てパス回しの繋ぎ役になる。

矢島 卓郎 4.5
パスを呼び込む動きが少なすぎる。

伊藤 翔 5
矢島が動かないためスペースに動く役割に。

齋藤 学 5
惜しいシュートはあったがドリブルにキレ無し。

端戸 仁 5
攻撃の起点を期待されたが、試合の流れに乗れず。

富澤 清太郎 5.5
東ティモールの刺客に苦しむ。

樋口 靖洋 4.5
選手交代はいつもの通り。3年間のツケで彼には選択肢が無かった。