2014年 Jリーグ2階の目線 横浜0-1鳥栖(ベストアメニティ)


試合が終了する。2層のサッカー専用スタジアムは、やや空席が多かったが、サガン鳥栖久々の完封勝利の歓声が沸き立つ。一方、横浜側の落胆は、沈黙を持って示された。ここ5試合でPKによる1点しか取れていない。この九州の地でも完封負け。しかし、そのような状況でもブーイングは微かに聞こえるだけ。選手は静かなゴール裏スタンドの前を歩いていく。メインスタンドのすぐ後ろに走る鉄道の音が聞こえてくる。

「選手は頑張っている。それはそうなんだけど・・・。」
「でも、今日は、監督采配以前の問題も感じる。」
「こうなると、最後の最後まで頑張り切るのは無理なのかなぁ。」

自分たちのスタイルを固め、迷いなくピッチを走り直線的にゴールを奪いくる鳥栖の選手たち。一方のトリコロールは、迷いながら安心のパス回しと、偶発的なチャンス作りを目指した。監督の采配に疑問が生じるのは解っている。だが、天皇杯を制した優秀な選手たちが、ピッチ上の状況に、対応できないほど、低い能力しか持っていないなどとは思えない。優秀な選手たちだ。それでも、現実にピッチ上で起こったことは、あまりにチグハグだった。

台風の通過で強風が吹き荒れていた。前半は風下だったのにもかかわらず、なぜか頻繁にロングボールが供給され、案の定、ボールは風に戻されて効果無し。後半から喜田が登場すると富澤との関係が縦で機能するようになりショートパスが増える。すると、風上であるのにもかかわらずロングボールが極端に減少。残り時間が少なくなると、ロングボールは増えてきたが、どちらかというと無駄なパス回しにため息が出る時間が長く続いた。

ロングボールを蹴り込ませるためだったのだろうか、樋口監督は藤田を投入。さらに、矢島が投入される。しかも3人はワイドに距離を開いてポジションをとるように指示を受けている。

「これは完全にスリートップだ。」
「どうするの?これ。」
「これ、フラットスリーじゃないか?」
「フラットスリーってディフェンスラインだろ。3-5-2の3でしょ。」
「4-3-3の前線の列がフラットスリーなのかよ。」

このワイドにポジションをとった伊藤翔、藤田、矢島にロングボールが風上から供給される。ボールは1つ。つまり、ボールを巡って敵と競り合うのは1人。3人の距離が広がると2人がプレーに関与しなくなる。だから2人分は数的不利になる状態。まさか、このようなポジション固定の指示を樋口監督がしているとは思えない。

「競り合いのこぼれ球を奪えるポジションに行けよ。」
「追い風でボールが伸びるのだから競り合う選手と縦の関係でポジションとれよ。
「何をやっているんだよ。」

個々の選手は頑張っているのかもしれない。だが、ピッチ上で団結し、助け合いながらゴールを目指しているとは、どうしても感じられないプレーぶりだ。応援の声を張り上げ近くの席の鳥栖サポーターのご夫婦が嫌な顔をするくらいに大きな声でコールするが、時間の経過とともに、空しさとの葛藤となる。あの美しい豊田のゴールの残像。ゴールした瞬間に総立ちになったメインスタンドの光景。「とーよーだー!」というスタジアムビゲーターの声に合わせて絶叫するゴール裏。何もかもが対照的だ。今、トリコロールはどん底にある。天皇杯敗退時よりも、さらに底だ。

「あら、こんなところで会うなんてね。」
福岡空港で仲間と再会する。福岡は鳥栖とは違い、前夜から、ほとんど強風が吹かない穏やかな天気。しかし羽田の天候悪化で時間調整が必要となり、どの便も福岡の出発予定が遅れている。会わないはずの仲間と会う。
「佐賀空港の便が欠航になっちゃって・・・。

すぐ横には選手たちが少人数のグループで点在している。選手、スタッフ、サポーター、いずれも敗者だ。待合室での滞在時間が通常よりも長引き、微妙な距離感を保って空気が流れている。
「出発時間も遅れて、すっかり敗者だよなー、俺たち。」
「俺なんてLCCで5000円台でで帰れるはずが当日券で羽田まで40,000円ですよ。すっげー敗者。」
「そんなこと言ったら、あなたに1,000円で行けるって勧められた人なんて、もっと敗者じゃないですか。」
「集団訴訟されてもおかしくないレベル。」
「それについては、本当に申し訳ない。」
「でも、みんな昨夜は美味しいものを食べたんでしょ。」
「お天気お姉さんと飲んだりして。」
「それ言ったら、自分なんて日帰りですよ。今日一日で、なーんにも良いこと無い。」
いつまででも続く敗者合戦。

試合後の沈黙は、あの葛藤との切り替えが出来ない延長戦だったのではないだろうか。そして誰に怒ることも出来なかった。黙るしか無かった。なぜならば、今のチーム状態では簡単にはゴールを奪えないだろうということは、誰もが心の隅に置いていた覚悟だからだ。それが、現実に目の前で起きただけに過ぎない。そして、無冠が確実で残留争いからも抜け出し王手をかけているシーズンでありながら、はるばる鳥栖にまでやってきたのは自分の判断だ。この場にいることが苦痛で、抗議の対象となるのであれば、その対象者は自分自身まで含まれる。そんな気持ちでココにいる訳ではない。

逆に、こうして敗者合戦をしていることが、実は幸せの証明だったりする。だって、選手がいて仲間がいる。ちょっと飛行機が飛ばないことが何なんだ?たいした問題ではない。完封負けも、今シーズンに限っては良くあることだ。ただ、時間が経過すると、空しさよりも悔しさが心の奥から沸き起こってくる。じんわりくる負けだった。

 

<みんなの採点>

榎本 哲也 5.5
本人は止められるシュートと思ったかもしれないが難しいシュートだった。

ファビオ 5.5
強風に苦しむ。

中澤 佑二 5.5
一人奮闘。失点シーンは不覚。

下平 匠 5
軽率なプレーからピンチを招く。

奈良輪 雄太 5
鳥栖の左は強力なので無難に。そして勇気のないプレー。

兵藤 慎剛 5.5
最もチャレンジした選手。ゴールにあと一歩。

佐藤 優平 5.5
走り回るのは保証。力強さが欲しい。

藤本 淳吾 5
邪馬台国のようだった。

三門 雄大 5
怪我の影響もあって消極的。攻めの起点になれず。

富澤 清太郎 5
前半のロングボール戦術は不可解。

伊藤 翔 5.5
積極的にシュート。林の好セーブに泣く。

喜田 拓也 5.5
投入によりサポートし富澤からの攻撃の位置が高くなった。

藤田 祥史 4.5
パワープレーは得意とは思えない。

矢島 卓郎 4.5
風当たりも強く。

樋口 靖洋 4.5
逆フラットスリーは最善の策なのか?

This entry was posted in 2階の目線2014. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.