『平成28年熊本地震』に対する「応援」義援金募金のお誘い


横浜F・マリノスでは、『平成28年熊本地震』に対する義援金募金活動を、20日の鳥栖戦、24日の広島戦、30日の湘南戦の試合前に各試合会場で行います。幸い、私たちサポーターは被災地の外におり、スタジアムにいる間は厳しい現実を忘れてサッカーを楽しむことができます。そこで、サッカーを楽しみ、スタジアムで「応援」を行った上で、試合前と試合後に募金をする「応援」義援金募金を導入しませんか。90分間を「応援」し。楽しませてもらったサッカーに恩返しを、私たちの仲間が苦労している熊本・大分ら被災地に届ける義援金募金です。

みなさんに提案する方法

⚫︎横浜F・マリノスが実施する募金受付への参加。
⚫︎その参加方法に試合と連動したひとネタ加える。
⚫︎そのひとネタはサポーターごとに選択できる。
⚫︎採用したネタを試合前にツイートして宣言する。

マリーシアメンバーが、ネタを幾つか考えてみました。
例えば、試合と連動する、このような方法です。

⚫︎試合の価値の査定金額と同額の募金をする。
「とっても面白い試合だったからチケット代以上の3,000円の募金をしよう。」
「酷い試合で、せいぜい年間チケット代くらいの試合だから年間チケット1試合分の募金をしよう。」
注意すべきなのは、磐田戦の再現が行われると、とんでもなく高額の募金をすることになる点か。

⚫︎試合の価値の査定金額とチケット代の差額の募金をする。
勝てたら気持ちよく、チケット代と査定額の差額を募金。
もし「金返せ試合」だった場合も怒りに任せて、チケット代と査定額の差額を募金。

⚫︎勝ち点×100円の募金。 ⚫︎勝ち点×1000円の募金。
⚫︎シュート1本×10円の募金。 ⚫︎1ゴール×100円の募金。
⚫︎チームの総走行距離×10円の募金。

⚫︎試合前に自分の予想先発メンバーの背番号の合計を募金。
例えば、ナビスコカップ柏戦の合計は183、リーグ磐田戦の合計は170でした。
ナビスコカップの募金額が高額になる傾向に。

⚫︎MVPだと思う選手の背番号にちなんだ金額を募金。

⚫︎敵味方関係なく1点につき100円を募金。
点を取れば上機嫌で募金できるし、点を取られても支援だからと割り切れる(?)。
※ダメだぞ。うちはロースコアだから募金が集まらないとか言っちゃ。

⚫︎横パス、バックパスの数×10円を募金。
おそらく今年は少ない。試合が膠着すればするほど支援だからと割り切れる(?)。

⚫︎得点した選手の背番号分合計を募金。
俊輔、カイケ、ケイマン2点で、10+9+17+17という感じで。
大人は、その10倍、100倍など。
⚫︎試合前に希望得点者の背番号の合計を募金することも。
試合前は期待と共に募金額が膨らむ。

いかがでしょう。みなさんも、ひとネタ加えて義援金募金をしてみませんか。

DSCF6272

対象試合

◆4月20日(水) ナビスコカップグループステージ第4節
サガン鳥栖戦 19:30キックオフ (ニッパツ三ッ沢球技場)

◆4月24日(日) 明治安田J1 1stステージ第8節
サンフレッチェ広島 14:00キックオフ (日産スタジアム)

◆4月30日(土) 明治安田J1 1stステージ第9節
湘南ベルマーレ 19:00 キックオフ (日産スタジアム)

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.