Jリーグ2階の目線2016 横浜0-1東京


右からのクロスに兵藤が頭から突っ込む。一か八かのダイビングヘッド。しかし、ボールは秋元の手に。ここで家本さんは試合終了のホイッスルを吹き、情けない試合は終わった。いつもならば試合終了と同時にブーイングが巻き起こるところだが、その音は小さく弱く。ブーイングをする気にもならない放心状態の人も多い。ここまで、見る人に心の動きを与えない試合は珍しい。まさに完敗、いや惨敗と言って良い。

中澤が前に出て、そのとき、小林が少しだけ中へ絞れば東にシュートを撃たれなかったかもしれない。室屋へのプレッシャーのかけ方が甘すぎたから自由に中に入られた。小さなミスが重なって失点に結びつく。そういうことはよくある。そこからの反撃に期待した。でも、選手たちに、その気概はなかった。マルティノスが主審に荒れ狂っていても止める者もなだめる者もいない。ピッチ上の全員が協力して優勝を目指すというひたむきな姿すら、スタンドに伝えることが出来なかった。兵藤を投入するまでの時間で、局面を打開するために無理を承知でプレーしていたのは中澤とカイケくらいだ。

みな、それなりに頑張った。いつものようにプレーした。それは認めようじゃないか。でも、いつものようにプレーしても勝てないはずの試合だったはずだ。学とパクはコンディションが悪そうだった。キレがない。喜田は出場停止。そんな状況の中でモンバエルツ監督はパクと中町のセントラルミッドフィルダーをセレクトした。横並びで中澤とファビオの前にへばりつく2人。縦の関係を作らない。天野やカイケとのコンビネーションプレーが少ない。でも、中町は特に悪いプレーをしたわけではない。いつも通りのプレーをしたまでだ。小林、学、マルティノスらがサイドでキープした際に、スライドしてパスを受けに行き彼らを助ける動きは足りない。といっても、そんな気の利いた、いつも通りではないプレーを中町に要求することが無理な話。このモンバエルツ監督のセレクトが全選手の動きに悪影響を与えたのは明らかだ。となれば、始まってしまったからには一人一人が無理をしながら空いた穴を埋めていくしかない。それなのに、ピッチ上で打開しようとする意志と動きを感じさせたのは中澤とカイケくらいだったのだ。足元で休み休みパスをつなぐプレーが続出。選手たちに工夫が見られなかった。それも、また一つの事実だ。東京が梶山を起用してくれたら、また違った試合結果もあっただろうが・・・。

勝負事なのだから負けることはある。そこは問題ではない。だが、負けてなお、85分までは全く何もメッセージを観客に伝えられない試合だった。こんなものを見せて、このクラブの未来を誰が感じるのか。監督、選手、関係者は罪の深さを自覚してほしい。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

This entry was posted in 2階の目線2016. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.