Jリーグ2階の目線2016 横浜4-0甲府


ビッグゲームを敗戦で終え、新たな気持ちで臨む開幕戦。全てはリセット。2つのタイトルを狙って新たなスタートだ。心配された雨もなく、甲府にトリコロールの情熱が集結する。ゴール裏席の入りだけを比較すれば、明らかに甲府側よりも入っている。何が入っているかといえば、サポーターの人数だけではない、気合もだ。降格圏転落目前の甲府が全力で立ち向かってくる。いつもであれば気迫負けをするパターンだ。榎本のビッグセーブがなければ、そのパターンに陥ったかもしれない。しかし、あのピンチから逃れたことで、闘いの主導権を掌握することができたトリコロール。

甲府は戸惑っていた。監督の指示とは「話が違う」と感じていたのかもしれない。深めのディフェンスラインを敷いてパスコースを限定する。そうすれば、後ろで、さしたる効果もなさそうなパスをつないで時間を浪費してくれるはずだ、そう考えただろう。しかし、今日からのトリコロールは違う。球離れが良い。小気味よくパスを繋ぐ。動きながらパスを引き出す。たまにスピードダウンをして、急にスピーディーなロングパスを織り交ぜる。パスミスが起きない限りは、甲府は何もできないに等しかった。

まず、新たなシーズンのトリコロールを感じさせたのは先制点への流れ。これまで、どん詰まりの拙攻を繰り返してきたマルティノスの足元にパスをするのではなく、サイドのスペースへ。スピードに乗ったままで相手をかわす。ゴール前には複数の選手が詰め、グラウンダーの丁寧なクロスはゴール前を横切り、最後に登場してきたエースが決める。惚れる。

失点した甲府だが、後半になっても前から奪いに来る気配がない。前半と同じようにゲームは始まる。そして、またしても美しい流れからエースが決める2点目。気がつけば、マルティノスは倒れて痛がることがない。倒れかけても我慢してボールに喰らいつく。誰もがパスコースを生み出す動きをして相手を翻弄する。なんて規律のあるチームなんだ!!マルティノスと前田のパス交換。左から斜めに入ってくるマルティノス。右で学が受けて食いつかせると、逆に左から中央に前田!!!!!
「美しい!!!」
「素晴らしい!!」
「見事だ!!!!」
トリコロールは、こんなプレーができるのだ。これは、今シーズンのベストゴールではないか。といっても、これが今シーズンの開幕戦だ。

速い展開についていけない甲府。新たなメンバーを加えるモンバエルツ監督。怪我から復帰の喜田。明日を担う和田。
「速い!!」
「すごい展開!」
スピーディーな展開は、喜田の投入でさらに加速する。もうワンランクアップのスピードに驚く。思考停止の甲府をあざ笑うような、学の山なりのパスからのケイマン。もう笑いが止まらない。

「すげーなー。おっさんが中澤しかいないぞ(GKの榎本を除く)。」
「みんな下部組織出身じゃないか。」
「いやいや、きたねー。」
「でも、パクくんはちがうよ。」
「パクは、もう、経歴詐称でウチの下部組織出身ということにして良い。」
「前田が・・・。」
「中澤もいるぞ。」
「中澤は『名誉生え抜き』だからいいんだ。」
「読売だろ。読売なんて、ウチの下部組織のようなもんだ。」

楽しい。楽しいのは勝っているからというだけではない。ピッチ上に未来を感じる、そして、ピッチ上の選手たちが楽しそうにサッカーをプレーしているのが嬉しいからだ。100点満点のリスタート。雨も降らずに地は固まった。さぁタイトルを奪おう。我々には二冠の資格がある。ただ、勝利したのではない。美しく、力強く、未来を感じさせて勝利した。本日を、トリコロール無限大記念日とする。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

This entry was posted in 2階の目線2016. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.