Jリーグ2階の目線2017 横浜1-1新潟


惜しい試合を落とした。前半と比べると、後半は良いカタチが減った。
「やっぱり、浦和とか札幌とか守備の弱いチームだったから、あの攻撃ができたのかなー。」
上々の滑り出しだった今シーズンだが、鹿島、新潟と守備の強いチームとの対戦では、華麗な連続攻撃を披露するにまでは至らなかった。だが、それは結果を見ればのこと。そのプロセスにおいては、昨シーズンとの違いを、この試合でもしっかりと披露できている。

「枠内シュートだ!」
試合開始から2分も経たずに枠内シュート。積極的な攻撃姿勢。初先発のウーゴは、すこしばかり無理な体勢からでもシュートに持ち込むことができる。斜めに長い距離を走ってニアに合わせる得意のプレーも楽しみだ。とにかくゴールに向かっていく姿勢に胸を打たれる。バブンスキーもコンディションが上がって来たようでドリブル回数が増加。意外性のある間合いで敵を欺きスタンドを沸かせる。

しかしこの試合は難しいものになった。おそらく原因は学の怪我の影響。ドリブルに緩急の変化はなく、踏ん張りが効かずに倒れることも。ボールをもらってゴールへ一直線という攻撃を見せることができない。それゆえにか、逆サイドのマルディノスの気負いが裏目に出る。解説の水沼貴史は、こう言っている。
「マルティノスの魅力はドリブルではなくてランニングだと思うのです。」
ところが、繰り返されるドリブル。いや、フェイントまでであって、持っている時間の長さの割には、あまりボールは前進していない。
「持ちすぎだよ。」
「そこでパスしないと!」
「パス出せよ!」
「持ちすぎる…うぉーーーーー!!」
「すげーシュート!!」
「なんだそりゃ!?」
「うわーマルちゃんごめん!すいません!」
まさかのスーパーゴール。

サッカーとは理解に苦しむスポーツだ。あれほどドリブルで停滞感を出し続けたマルちゃんのスーパーシュートで得点できた。この後もマルティノスは残念なフェイントを繰り返すというのに。そして反撃に出てくる新潟。これを主審の荒木さんの密着マークで凌ぐ。タッチに出したボールは、ボールボーイが素早く戻す。
「そこ一気に行こう!」
「あれ、スローインを受けに来る選手がいない。」
「なんだよ、これ。主審が守ってボールボーイが素早くパスして・・・試合の流れを読めていないのが選手だったか。」
その直後、天野の素晴らしいクロスをどフリーのウーゴが外す。嫌な雰囲気が出た直後、今度はマルティノスとは逆で、あれほどボール奪取で大活躍した中町のバックパスのミスで失点し、勝ち点2を失ってしまうのだ。

決定機を多く作ったのはトリコロール。新潟の決定機はゼロといっても良い(あのゴールだけだった)。

つまり、試合の結果は紙一重だ。やるべきことをやろうとする姿勢は継続している。勝利を目指して全選手が闘っている。例えば、些細なことだが、選手交代で外に出るときのウーゴの姿。試合の流れを止めないために奪取でピッチ外へ。ピッチに下がった後に「まだやれる」とアピールしていた松原。選手が一丸になっている。

勝てなかったことは残念だ。だが、希望の見える引き分けだった言えるだろう。次のホームはビッグマッチだ。選手一丸の強さを見せつけるときが来た。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

This entry was posted in 2階の目線2017. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.