試合の思い出は都合よく変わる、久保のブレイクとともに。マリーシア感情的サポ論


2011年12月29日15:00キックオフ。国立競技場は延長戦には入り、すっかり空は暗くなっていた。95分に大黒が、職人芸とも言える見事なシュートを決めて、横浜F・マリノスは格下の京都サンガに追いついた。天皇杯最多優勝を狙う名門クラブが、格下のクラブに95分に追いつけば、まず逆転勝ちの流れだ。しかし、信じられないことに116分と120分に得点を追加したのは京都サンガ。横浜F・マリノスは天皇杯準決勝戦で敗退してしまう。

この試合は、長く屈辱的な敗戦として語られてきた。まさかの敗退。
「あの流れで負けるかよ。普通、押せ押せで勝つだろ。」
という落胆。そして、翌日には木村和司監督の電撃解任。多くの横浜F・マリノスサポーターは、この試合のことを口にするのを避けてきた。

ところが、それから5年。状況が変わった。この屈辱の試合は、自慢できる試合になった。
「絶対勝ちパターンだったのに、負けるんだよ。信じられないだろ。誰にやられたと思う?それが、まだ18歳のときの久保裕也にやられたんだ。あいつ、当時から一味違ったよ。凄いゴールだった。」

そう、今や日本代表のエース格に成長した久保裕也を、誰よりも早くから見ていたかのような語り口。サポーターは試合の思い出を都合よく変える。事実は1つ。でも、サッカーに真実など、どうでも良いことなのだ。

石井和裕

This entry was posted in マリーシア感情的サポ論. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.