Jリーグ2階の目線2017 横浜1-0東京


左サイドで先発した山中は再三再四の裏への仕掛け。パスの収まりどころにもなり重要な役割を担った。そして、芸術的なファールによるチャンス潰しは見事。中澤の相棒に復帰した栗原は空飛ぶ要塞っぷりを発揮。ガスのクロスを、ことごとく跳ね返した。高いテンションで、あっという間に試合は進んでいく。スコアレスのまま。
「もし、勝負に出るのであれば、ほとんど仕事を出来ていない天野を下げるべきじゃないか。」
だが、交代したのはウーゴ・ヴィエラだった。代わって登場したのはケイマン。このとき、劇的なゴールを予感できたサポーターは少数だった。

不思議な出来事がたくさんあった試合だ。

どうみても痛くないのが明白だが倒れているマルちゃんを無視して攻めるトリコロール。
「行け!!」
「ほっとけ!」
構わずプレーは続く。
「そろそろ諦めろマルちゃん。」
「もう、いいから立てって。」
ところが、なぜかガスがボールを蹴りだす。すると立ち上がろうとするマルちゃん。
「出すなよ。続けろって。」
「なんで、ウチが出さないでガスが出しちゃうんだよ。」
普通の試合であれば、味方が倒れれば「出せ!」とクレームを叫ぶのだが、全く逆だった。

ゴール前でボールをキープしようとして滑って転ぶ中澤。絶体絶命。ボールを奪う大久保。だが、大久保も滑って転びピンチを脱する。
「コントかよ!」
「助かった。」

キャッチしたボールを持ったままゴールラインの外に出してしまいコーナーキックを献上する日本代表GKの林。そして、何度も何度もボールを蹴り損なってボールをゴールラインから外に出してしまう日本代表GKの林。

最後の不思議は、試合を決めた天野の右脚だった。

林のキックがタッチを割り、スローインからパスを繋ぐ。ゴール前のワンツーとしては致命的な浮き玉パスを左脚で出してしまう天野。あまりに酷いパスだ。しかし、それをケイマンが体を張って俊敏に頭で、信じられない程の正確さで天野の足下に戻す。一瞬の間もなく、天野は右脚を振り抜く。

「あまのー!」
ゴールネットに突き刺す。
「すげー!!」
涙が溢れる。大絶叫で、ひとしきり喜んだところで、少し無言。口を開く。
「うーん、俺の見る目がなかった。」
「さっきは左脚で、あんな宇宙開発していたのになんであんなこと出来るんだよ!?」
「サッカーわかんねー!」
歓喜の雄叫びの直後とは思えない、じわじわとした笑いがこみ上げてくる。

しかし、笑っていられたのはわずかな時間。ガスの波状攻撃がトリコロールを襲う。トリコロールも学、マルちゃんのドリブルで対抗する。スタンドは白熱し絶叫。アディショナルタイム4分間が長く感じられた。といっても、トリコロールが堅守の1-0を持ち味としていくのであれば、これくらいエキサイティングな試合であってほしい。追い詰められてギリギリで勝ち切るスリルは3-0の楽勝試合よりも興奮度で上回る。試合終了のホイッスルが響きスタンドは絶叫。この試合は、1-0でも充分に観客を魅了できることを証明した。

3連勝で、気がつけば順位は暫定5位に浮上。終わってしまえば笑いが止まらない。
「やっぱ、点を獲った奴が一番偉いのがサッカーだからなー。」
「でも、今日は、扇原が凄かった。」
「扇原が動くと中町もやりやすそうだ。」
「コンビネーションがいいよねー。」
「そう考えると、天野ってあれ以外は何をやっていたのか思い出せないんだけどなー。」
「天野は難しいことをやりすぎなんだよねー。シンプルに前に攻めればいいのに。」
「でも、点を獲った奴が偉い。」
「あとは大久保だなー。ちょっとずつ衰えたかなー。」
「あれだけ外してくれると好きになりそうだ。」
「そういえば、梶山が入ってからだったね、得点。」
「さすがは味方だ。持ってる。」
内容が良いとまでは言えない。でも、先週までのトリコロールとは、また一味違う、引かない強さを感じる試合だった。今年のトリコロールには進化とドラマがある。できれば、ドラマはハッピーエンドが好みだ。上に挑める勝ち点になってきた。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

This entry was posted in 2階の目線2017, 2階の目線観戦記. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.