Jリーグ2階の目線2017 横浜2-1大宮


ゴールドカップのキュラソー代表に選ばれたマルティノスはチームを離れる。そのせいか、いつもの数段上の気迫を感じる。痛がらないどころか倒れもしない。ゴールを自らの脚で奪い取ってやるという気迫が見える。大宮のディフェンダーは左脚を封じたつもりだっただろう。ところが、振り抜いたのは右脚。ゴールネットは一瞬で揺れた。

「うぉーーーーー!!!」
「決めた!!」
「右脚かよ!!!」

ぎっしりと詰まったアウェイスタンドが揺れる。ちょうど隣の野球場の掲示板に大歓声が反響する。続いて魅せたのは新戦力の山中。

「シュートだ!シュートだ!シュートだ!」

3回目の叫びの瞬間に、放たれた弾丸がゴールに突き刺さる。

「すげーーーーー!!」
「撃ったぁーーーーーー!」
「よーし!!!」

氷川神社の敷地だった、このスタジアムで、トリコロールは、常に見えない敵の力を感じて闘っていた。だが、今のトリコロールには、過去の縛りは無関係だ。過去の勝てなかった大宮アウェイの呪縛を感じない。なぜなら、既存の概念にとらわれない、トリコロールを変えていく左サイドの2人が決めたからだ。直後にピンチが1つ。何度も揺さぶられていたセットプレーからの失点が1つ。しかし、慌てることはなかった。落ち着いて試合を締めた。ケイマンが学に気を使いすぎるがあまりにズッコケたこと以外は、見事に試合を進め切った。「降格候補なんで」などとサポーターは控えめに語っていたが、シーズン半ばにして勝ち点は30を越えた。毎試合、新しい発見がある。驚きがある。

心配事があるとしたら、やはり天野だ。試合後のコメントとはあまりにギャップのある実際のプレー。彼には、おそらく自覚がない。裏を狙いたいがあまりに、扇原、中町から楔のパスを受けるための動きがない。無意識に、敵を背負ってパスを受けることを避けてしまい、前を向いてプレーしたいのだろう。だから、天野はトップ下ではなくシーズン開幕当初は中盤の底で起用されてきた。今はワントップの下だ。厳しいマークに苦しみながら前を向くのは、このポジションの義務だ。それをやらなければ、扇原と中町にとっては、目の前にあるはずのパスの選択肢が減ることを意味する。ここが機能すれば、トリコロールの攻撃は、もっと早く、もっと激しく・・・そして、ウーゴ・ヴィエラもプレーしやすくなるはずだ。技術はあるのだ。天野には気づいてほしい。

試合前の選手紹介で聞こえないくらいの音量で読まれる選手紹介。

「大宮の選手紹介になったとたんにボリュームアップするんじゃねーだろうな。」
特攻野郎Aチームのテーマ曲が流れ、大きくなる音量。
「ほら、みたことか。」
「器がちっちぇーな。こういうことやるから勝てないんだよ。」

逆に、トリコロールには、名門の雰囲気が帰ってきた。名門の名に恥じぬ魅力を発揮しようと、選手が全力でプレーする。新しい風を新戦力がクラブに送り込んでくる。そして、天野、中町、扇原が中央を締めて伝統の堅い守備が蘇った。伝統と革新が噛み合う。ただの古豪の雰囲気ではない。この日は、前半を見れば、けっして良い試合ではない。得点の気配も感じなかった。それでも、後半に2得点して、しっかりと勝利した。凌いで勝てる力もついてきた。トリコロールは上を目指せる。手応えを感じる一戦だった。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

This entry was posted in 2階の目線2017, 2階の目線観戦記. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.