Jリーグ2階の目線2017 横浜0-0神戸


ウォーミングアップのときから、ボコボコと芝が剥げていく。ピッチは緩く踏ん張りが利かないのがわかる。選手が走れば、煙が昇るように足元から土が舞う。真夏の試合でもあり、かなりの消耗戦となることは予想できた。試合開始前後に、メインスタンドの後方にはエアコンが入り、屋根の下と足元から冷気が流れてきたが、スタンド前列、そしてピッチ上にその恩恵はない。レアンドロ、橋本、過去には藤田や小川など、神戸の主力選手にけが人が続出する状況を理解する。

藤谷と小川の仕掛けのコンビネーションに左サイドが押し込まれる立ち上がり。藤谷はドリブル。小川と渡邉がボールを引き出す動きを繰り返す。しかし、両クラブの実力差は歴然。ゲームをトリコロールがコントロールしていく。誰も引かなかった。天野は何度も蹴られ、かなりアタマにきていただろう。しかし耐えた。そしてプレーを妥協せず闘った。シュート数は少なかった。だが、ボールは停滞しなかった。このコンディションの中では驚異のゲームだ。一人一人が無理をして、それでいて無理をしすぎず、パスをつなぎながら何度も追い越しをかけて前にボールを運ぶ。神戸のタイトな守備陣形に対して、逆サイドの裏へのサイドチェンジ一発で揺さぶりをかける攻撃も効果的だった。

逆に、神戸は小川の運動量が落ちると攻撃の糸口を失っていった。ポドルスキーは走らない。そして、ポドルスキーの要求するパスを神戸の選手は出せない。ポドルスキーの見せ場はノーステップのサイドチェンジとパスカットをした守備のシーンくらい。

60分台に扇原と喜田がカードをもらう。さすがにボランチ2枚に退場のリスクが生じると、モンバエルツ監督はいつもよりも早く動く。すぐに中町を呼びタッチラインの外に立つ。ここで、ピッチ上ではパスをつなぎ続けるトリコロール。神戸も奪いにくる守備をできないため、マイボールの時間が長くなる。ふとピッチサイドを見ると・・・。
「あっ増えてる!」
ケイマンも加わって、中町と共に二枚替え。

直後に中澤が神戸の縦パスをカットしダイレクトに前の中町へ。中町は動きながらワンタッチで素晴らしいスルーパスをマルティノスに流し込む。マルティノスからのクロスを折り返しケイマンが飛び込む。これが最大のビッグチャンスだった。

ほとんど何もしなかったポドルスキーに替わってマイク・ハーフナーがピッチに登場する。しかし、これがまた、ポドルスキーを上回る(下回る?)低調なマイク・パフォーマンス。ボールに絡んだのは3度のファールくらい。神戸の選手たちはマイクが入った後に何をやりたかったのだろう。

藤田のロングスローによる強烈なヘディングシュートや小川の仕掛けに肝を冷やす場面はあったものの、神戸の攻撃は組織的ではなく、あまり失点をしそうな気配はなかった。しかし、あまりに足元が悪いため、終盤までスコアレスで進むと、トリコロールはミスからの失点を恐れて慎重なプレー選択をせざるを得ない。暑さで動きが止まることがなかったため、勝てる試合に感じたが、選手の心理を考慮すれば仕方ない引き分けといえよう。

三宮にまで脱出し、神戸牛を口の中で溶かしながら試合を振り返る。
「ポドルスキーにはガッカリ。フォルランの方が100倍よかった。」
「コンディションが悪いのか、周りが理解していないのか、いずれにしても喜田とやりあっている場合じゃないだろ。」
「存在感だけは凄くあったけど。」
「大きいし。」
「動かないから見失わないんで存在感は半端なかった。」
「でも、ウチにポドルスキーが来たら点を獲りまくると思うな。」
「うん、そう思う。」

Jリーグはクラブの総合力でタイトル争いをする。神戸でプレーするポドルスキーを見て、それを実感する。個人力だけで勝てるほど甘いリーグではない。それに対してトリコロールは、確実に地力を上げてきていることを感じた。勝てなかったことを嘆くような試合ではない。この暑さの中でも、テンポよくボールが繋がり、足の止まる選手がおらず、神戸のファンに最後まで脅威を与え続けていたのが、その証明だ。だから、この勝ち点1は小さな前進。このスタジアムのピッチとは違って、足元は固まってきた。大航海時代の到来まで、あとわずか。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

This entry was posted in 2階の目線2017, 2階の目線観戦記. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.