せめて、人並みの勇気があれば・・・。前半から乱発した、とりあえずクロス。間に合わないと自ら判断してパスを追わないシーン。競り合いを避けて、相手のミスを離れて待つ姿勢。そして、ペナルティエリア内でのシュート放棄。2度目のシュート放棄はGKとの1対1の勝負となる場面だった。彼は臆病だった。勝利よりも彼にとっての見栄えのよい振る舞いを優先した。

しかし、天野純、たったひとりが臆病風に吹かれたから勝ち点2を失ったわけではない。

そう、そして、もう一人。彼に、全盛期の切れ味と思い切りがあれば、試合の結果は、全く違ったものになっていたはずだ。あの日立台での輝くような強いインパクトを、この試合では感じなかった。村上さん。前半から、もっと遠慮なくカードを出してくれれば・・・判定は・・・みんな正しかったじゃないか・・・。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>