Jリーグ2階の目線2017 横浜1-0浦和

Pocket

「それまで何にもしていないのに点だけは獲って途中交代でピッチを去るって最高だよ。ブラジル人ストライカーかよ。」
「日本人離れしているよなー。」

松原が過労死するかと思われるほど右サイドは機能していなかった。攻守に動き出しの遅い前田は、考えながらプレーさせてはいけない選手。ひらめきと思い切りで勝負するのが持ち味だからだ。山中がクロスを入れる気配を感じ、右サイドからバイラルエリアを横切り、ゴール正面に走りこんできたときに、山中から見事なグラウンダーのクロスが入った。そして西川が飛べない見事なコースとスピードで浦和のゴールネットを揺らした。

「きたー!!」
「前田だ!」
「なぜか前田だ!!」
「お前!なに急に仕事してんだよ!!」
「超ウケる!!」
「前田最高だわ。」

何もしていないときの前田ほど怖い。笑いの止まらないゴールとは、このことを言う。

緊迫の前半だった。浦和はホームゲームでの対戦時とは大違い。よく動き、細かく素早いパスがつながる。堀監督は、パスサッカーを維持しながら、シンプルで無駄のないスタイルに変えてきた。そして、チャンスと思ったディフェンスラインの裏へのパスは、的確なポジショニングで西川に封じられる。

「なんで、お前、そこにいるんだよ!!」
「西川が凄すぎる。」

だが、後半に前田がゴールを奪うと、浦和の足が止まる。普通であれば、ここで浦和サポーターの叱咤激励が飛ぶ流れ。だが、試合は淡々と進んだ。トリコロールのサポーターからは歓声が上がりコールのボリュームが増す。

「行け!もう一点だ!」
「うちの時間帯がきたぞ!!」

浦和はアジアチャンピオンの余韻に浸っている。そして中2日での試合。がむしゃらに反撃するまでの力も気力も残っていなかったのだろう。スタンドも同じだった。「中2日だと大変だよねー」というムードが漂う。そもそも、平川や梅崎の起用も、退団を前にした思い出作り起用に感じる。謎だったのは槙野。試合中でありながらベンチ前のモンバエルツ監督と握手。その直後に凡ミス。あの時間帯で、この試合は真剣勝負としての意味を失った。

しかし、トリコロールにとっては天皇杯に向けて貴重なプレシーズンマッチの意味がある。得点を欲しいときのツートップの起用。ウーゴと伊藤の組み合わせに加えて、伊藤とイッペイの組み合わせも試した。浦和が緩いとはいえ、ポジション争いの生き残りを賭けた最終節で、ギラギラしたものを感じる。ゴールライン際にまでボールを運んで角度がないところから伊藤が放ったシュート。そのシュートのコースに割り込んで、触ってコースを変えてゴールを泥棒しようとするウーゴ。闘いの相手は浦和だけではないのだ。

右サイドの松原は孤軍奮闘で耐え抜いた。思えば、開幕戦では松原の守備は酷評されていた。遠い昔のような思い出だ。一方で至れり尽くせりだったのは左サイド。お互いにサイドバックのあるべき姿とタイミングを知り尽くした下平と山中が、絶妙のコンビネーションで突破する。そして、もちろん守備も強い。一発勝負の準決勝戦と決勝戦に、この左サイドは心強い。扇原と中町の組み合わせも良い。ジョンスも危なげなく浦和の攻撃を防ぐ。

久々の1-0の勝利。崩壊していた守備が天皇杯準決勝戦を前に持ち直し、完封できたことで、良いイメージでリーグ戦を終えることができる。笑顔のトリコロール。そして浦和サポーターも笑顔だった。これがアジアチャンピオンの余裕なのか・・・。浦和美園駅に近づくにつれて、徐々に腹が立ってくる。浦和は本気ではなかった。負けて悔しがっている選手もサポーターも見つけられなかった。私たちは浦和を本気にすることができなかったのだ。1-0で完封勝利したのも関わらず、悔しい思いしかない。

来シーズンに、試合前から浦和を本気にさせるには、天皇杯を獲るしかない。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>