Jリーグ2階の目線2018横浜1-0浦和


果たして、そこまでが監督の指示で、どこまでが選手同士の話し合いの結果なのかは分からない。ただ、ひとつ言えるのは、ハーフタイムに何かがあったということだ。前半は試合しているようで支配出来ていないもどかしい展開。ボールを保持しているが、シュートを撃てるシーンが少ない。攻め切れない。扇原のところでボールが停滞する課題は解消されたが、それは、すぐ近くにバブンスキーが居るから。つまり、前目のポジションには選手が一人足りず、攻め手を欠いた。ユンユンの左サイドは、山中が長い距離を走って仕掛けるが、ボールは外を掲出するだけで、ゴール前までの時間を要する。

そんな前半だったので、ハーフタイムには改善策を巡る意見交換がスタンドで盛んだった。「天野がフリーなポジションに動けば、もっと縦パスをだせる選択肢があるはずなのに・・・。」「山中が外に開き過ぎて、開幕の頃のポジションと違い過ぎる。」「それは、中盤の底に扇原とバブンスキーの2枚が居るからではないか。」「天野が動けないのであれば、天野とバブンスキーのポジションを入れ替えて、前にバブンスキー、後に天野にしたら良いのではないか・・・。」

そして、後半が始まった。ドリブルで中に斜めにコースをとってくる山中。前にバブンスキー、後に天野!
「ハーフタイムに変えてきたぞ!」
バブンスキーがパスを引き出し、中盤や最終ラインからの縦パスが増える。ユンユンも持ち味を発揮し突破をみせる。

そして得点のシーン。吉尾が動きディフェンダーを引寄せる。遠藤が前に進み、ディフェンダーを引き寄せる。斜めにドリブルでボールを運ぶのは山中。そうだ、後半開始早々の、あのドリブルのコースどり。数的優位をつくる。慌てて下がってくる浦和の攻撃的ポジションの選手達。そして、逆サイドの大外に待っていたウーゴにパスが繋がり、西川の護るゴールネットを揺らした。あまりにスムースに、そして同時にトリコロールの選手たちが動きだしたため、脳がオーバーフローし、誰がゴールしたのか判らなかったほど、見事なオフザボールの動きだった。

これをやりたかった。ついに、私達は、目指した形でゴールを奪った。トリコロールは前進したのだ。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

This entry was posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.