Jリーグ2階の目線2018 横浜1-1川崎


試合開始から20分間で6失点してもおかしくない程のピンチを迎えた。両サイドは簡単に突破され続けた。30分をすぎると、偽サイドバックを放棄する時間が増える。オーソドックスな4バックで攻めるシーンも。2枚に前を塞がれ続けた天野は、中央でボールを前に運ぶことを断念しサイドに逃げる。

これまでの試合の積み重ねを、いっときの間は放棄する、そんな前半だった。

後半に入ると、元の戦術に戻る。互角に闘えるようになる。そして、裏切りの37番がピッチに登場しスタジアムの雰囲気が引きしまる。サポーター のモチベーションが更に上がる。試合後に「愛情の裏返し」という名言を残し、おめでたい37番の挑戦はハーフウェイラインの少し先までで終る、因縁の第二章の予感を残して。

過去に記憶にない程のフェアな闘いだった(家長がコーナーフラッグを抜いたシーンを除く)。川崎はリーグ王者としての実力を見せ付けた。だが、それが残酷なショーにならなかったのは、飯倉をはじめ、トリコロールの選手たちが慌てた姿を全く見せなかったからだろう。

とはいえ、毎試合のように前半は様子見では困る。それでは進歩のスピードは鈍る。
「良く引き分けた試合だった。」
「お互いにシュートが入らない試合だった。」

ただ、試合後の多くの川崎サポーターの表情は冴えなかった。それが両クラブの今の実力差と地位を示している。その悔しさが残る試合だった。差は広がってはいない。でも差は縮まってもいない。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

This entry was posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.