Jリーグ2階の目線2018 横浜1-2神戸


あまりに不甲斐ない試合だった。監督は、この難しいスタイルを進化させたいと考えたが、選手は退化を感じさせるプレーをしてしまった。もちろん悪気はないし、コミュニケーションの問題でもないだろう。だが、そのような結果が出てしまったのだから仕方ない。問題点はピッチ上にある。

前節まで、課題は明白だった。中央に人数が足りないため、シュートが少ない。後ろからサイドに簡単に捌きすぎる。だから、監督は、敢えて扇原一枚のアンカーに変更した。プレッシャーのかかる局面でのプレーが苦手な扇原が前にボールを運べるのか。一抹の不安とリスクを背負う布陣。でも、それでも前の中央に選手の数を増やしたかった。当初のやり方であれば、扇原の前にはインサイドハーフが2枚と横に偽サイドバック。そうなるはずだった。

その監督の想いは、あっさりと裏切られた。サイドに逃げるボールと人。本来は、前の中央に人数が増えるはずの布陣だったが、試合が始まってみれば、前の中央にいる人数は同じだった。いるべき場所に人がいない。人がいるのはサイドだった。中央に人がおらず、虚しく無駄なクロスがゴール前を横切った。人が、いるべき場所にいないのだから得点にはならない。だから、カウンターの流れとはいえ、ブマルが、いるべき場所に入っていったら先制点になった。しかし、あの場所は、本来はウイングが仕事をする場所ではないはずだ。

そして、中央に人がないからカウンターの餌食になる。開幕から3節くらいまではボールをロスとしても、中央で、すぐに囲むことができた。しかし、扇原を一枚のアンカーに変更し、偽サイドバックの場所に選手はおらず、インサイドハーフもアウトサイドへ。外にばかり人がいて中央の人数は減った。その結果、突破を許し、後ろ向きになって守備に奔走する回数が目立つ。ダメージは蓄積し、飯倉、中澤、デゲネク、そして松原が犠牲になる。失点や警告の主たる原因は、彼らにはないはずだ。でも記録は残る。こんなの彼らの正当な評価ではない。

「このサッカーをやりたいんだったら1年から2年かけて、選手を総取っ替えしなきゃダメなんじゃないか?」

そんな声も出た。生き残りたければ、選手は頭を使うことだ。まずは単純な算数で人数を数えるところから始めよう。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

This entry was posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.