トリコロールのサポーターにとって幸運なのは、目指すべき姿をサポーターが共有できていることだろう。ペップ・グアルディオラの戦術は、世界中で図解化、言語化されている。マンチェスターシティのみならず、例えば、世界中の5レーン理論で闘うクラブのポジショナルプレーの成功例は無数に記事化されている。もちろん、正解は一つではない。しかし、記事には目指すべき基本型が示されている。

試合終了のホイッスルが鳴り、スタジアムは静まりかえった。エースがハットトリックをしても勝てない。45分間で4失点を喫する。2点差を追い付いたとはいえ、そこに感動もカタルシスもない。ただ、疲労だけが残った。湘南サポーターも同様だろう。湘南は4得点しても2点のリードを得ても勝てな買った。ピッチ上には勝者はいなかった。

「決定力不足」という言葉は無意味だ。シュートを決めやすいシチュエーションでのシュートの機会を増やせば、シュートはゴールに入りやすくなる。その単純な理屈を「決定力不足」という言葉は曖昧にしてしまう。この試合では、それが分かりやすく明らかになった。突き詰めて考えれば、得点を欲しければウーゴに早いタイミングでパスを送り込む方法を最優先で考えれば良い。ウーゴの近くに立つ対戦相手が準備できないうちに、ウーゴがシュートを撃てれば良い。

その逆が、この試合の左サイドだ。パスは繋がる。結果的には裏にも抜ける。でも、足を止めてパス回しをすることで時間を費やしたら、中央の守備の準備は終わっている。だからクロスを入れても、中はシュートを決めにくいシチュエーションになっている。それでも、人は「決定力不足」という言葉で表現する。それでいて、後ろの中央にいるべき選手が左前に集まる。ボールを奪われると後ろの中央の守備は手薄で人数が少ない。逆襲されると一気にゴール前に運ばれる。

手数は多く、ボールに触れる人数も多い。しかしシュートは入りにくい。逆襲を喰らって大ピンチを招く。そんなプレーが続いている。得点の確率の低いプレーに失点のリスクを背負ってチャレンジすることは勇猛果敢とはいえない。サポーターの多くは、監督のサッカーを信じるが、こんなプレーは監督が本来の目指しているサッカーとは違うはずだ。
「これじゃ、勇猛果敢じゃなくて優柔不断だよ。」

松原と仲川のプレーは、タッチラインぎわとハーフスペースを使い分けが絶妙。パス一本で対戦相手を惑わせる鋭さを感じさせた。クロスがゴール前に至るまでの時間が短い。そう、目指すべきプレーは記事の中だけではなくピッチ上にもあった。だから、そのプレーにサポーターは熱狂し可能性を感じた。仲川にボールが回ると期待の大歓声が起きた。果たして、左サイドにサポーターは熱狂できただろうか。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>