Jリーグ ルヴァンカップ2階の目線2018横浜4-2神戸


今から四半世紀も前の話だが、快晴14時キックオフの三ツ沢で、Jリーグ史上初のオウンゴールが生まれた。その鮮やかなシーンは記憶に深く刻み込まれた。それからしばらくの間、トリコロールには晴天14時キックオフのオウンゴール伝説が生まれた。実際に、何度かのオウンゴールもしくはオウンゴールもどきのゴールを私たちは目撃して来た。

やっと奪った4点目。ついに2点差をつけることができた。ホーム&アウェイの第1戦で2失点をしての1得点さの勝利など「引き分けよりも少しばかり良い」くらいのアドバンテージでしかない。2-1の勝利であっても「不満の残る勝利」でしかないのは世界の常識だからだ。それだけに、4点目の嬉しさは格別だった。そして、ディフェンダーがネットに絡まり不満のポーズをするところまでが、この手のゴールの様式美。その美しさが強い日差しに映える。

前から奪って素早く最短距離でゴール前に迫る、サイドで押し込んで折り返しのグラウンダーのクロスをコースを狙ってゴールに流し込む。やりたいカタチでゴールを奪えるようになってきた。やはり連戦の続くリーグ戦で修正できなかったことが、見事に修正されてきた。

山中のプレーも大きく変わった。中を縦に突くプレーが増えた。
「クロスがフワッとクロスじゃない!!」

インターバルでの修正、カップ戦組とリーグ戦組の融合。チーム作りの前進を感じられたことで、ありがちな大量得点の大味な感じがなかった。そして身体をぶつけ合って闘うシーンが緊迫感を盛り上げた。簡単には倒れない選手達。全員が全力で闘った。そんな選手を接触で吹き飛ばした佐藤主審。さすがはワールドクラス!!

みんな笑顔だった。快晴14時キックオフの三ツ沢の強い日差しに笑顔が眩しく輝いた。神戸でも笑おう、J1最多得点クラブ!!

ところで、神戸の7番・・・あれ、誰ですかね。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

This entry was posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.