Jリーグ2階の目線2018 横浜2-5東京


最初のゴールキックだった。なぜか飯倉は左足で緩い山なりのボールを右サイドに蹴った。そのサイドにいる田邊や太田の心中は穏やかではなかっただろう。そして、序盤のフリーキック。右足で東が蹴るであろう、または太田は枠に蹴ってこれないだろうと考えてポジションをとり、先に左に動いた飯倉をあざ笑うかのように、太田はフリーキックをねじ込んできた。元日本代表の意地を感じる一撃だった。

ガスのコンパクトな守備陣系を恐れて、外でパスを回すトリコロール。数年前のサッカーのようだった。やり方が分からなくなったならば、0−2で凌ぎ、ハーフタイムに立て直す方法もある。ならば、堂々と、しっかりと前でパスを回して時間を作れば良い。だが、ピッチ上では自らの怖れを表現する後ろへのパス。その心理を突かれた3失点目で、この試合は決まった。前半で0-3。

後半から登場した選手の頑張りもあって2得点。そうだ、安定した得点力はある。残留争いに重要な得失点差は、この2得点によりプラス2。そこで踏みとどまれたのは、大きな収穫だと思う。そう思わなければ、平常心を保てない・・・そんな蒸し暑い日曜日の夜だった。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

This entry was posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.