Jリーグ 2階の目線2018 横浜1-2名古屋


急増の3バック。監督が豪州代表でワールドカップ予選を勝ち抜いた布陣。中澤の負担は減っただろう。山中は好きなタッチライン際に立つことが出来ただろう。監督にとっては、困った時に立ち返る場所が3バックだったようだ。だが、選手たちにとっては初体験のやり方。どうすれば良いのか判らず、攻守にギクシャクした試合は残念な結末を迎えることになる。

残留争いのライバルに勝ち点3を献上。これまでは「降格圏に落ちるピンチ」を一部のサポーターは訴えてきた。ここからは「降格のピンチ」を嘆きながら応援する日々が始まる。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

This entry was posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.