Jリーグ ルヴァンカップ2階の目線2018横浜3-1ガンバ


アウェイゲームで大勝。スリリングな試合になるか、それとも余裕のある安心のゲーム運びを披露するか、期待と不安の合間の心境で日産スタジアムに足を運んだのは1万人以上。当日券が伸びた。このチームの行く末が、みんな気になるようだ。

立ち上がりから積極的にボールを奪い取り、ピッチを大きく使ってパス回し。休まない。ガンバは焦り、突っ込んでくる守備。それをいなす。パスを引き出す動き、パスコースを作るための運ぶドリブル、そしてコンパクトな守備陣形。余計な手間をかけすぎず、中央突破も再三狙う。これこそが、トリコロールの目指す姿。誰もサボらない。仲間への思いやりすらスタンドに伝わる。冷静に闘った。

先制、そして追加点。

「もうこれくらいにして帰ってやるをやりたい。」
「ファビオあたりを退場にしてリーグ戦にもダメージを与えたい。」
「あと、見たいのは宮本の退席だな。」
「それ見たい!」

過密日程で動きが落ちる前に早めの選手交代。思うように得点できないウーゴ。一度もゴールネットを揺らせていないユンユン。あのストライカーが、絶好のチャンスにシュートを置きにいき外す。
「どうしたんだウーゴ!」
ところが、終盤はスタンドとピッチ上が一体化したユンユン大応援大会。その雰囲気に飲まれたのか、それとも、これも仲間思いからか、ウーゴが絶好機にユンユンにパス。そしてノーゴール。ダメなのか!?と思ったが一瞬、追加点をゲットしたのは伊藤翔のショータイムシュートだった。
「やっぱ冷静だわ。」
「あのコースを狙ってくるとは・・・。」
「今の伊藤翔には全てが見えている。」

愛と信頼に満ちたホームスタジアムだった。この日の朝は「つちへんのおおさか」の歓喜に日本中が包まれたが、「こざとへんのおおさか」に勝利は遠かった。それでも、彼らもまた、試合後に愛を確認していた。

<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>

This entry was posted in 2階の目線2018, 2階の目線観戦記. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.