大型ストライカー バスティアニーニ

Pocket

第2話 代理人ビデオに騙された。

187cm、80kgの恵まれた体格で、アルゼンチン人らいいパワフルなプレーが期待されたストライカー。イスラエル、ベネズエラ、アルゼンチン2部リーグでのプレー歴から「期待すべきではない」という声もあったが、youtubeで公開されていたゴール集動画が素晴らしく、来日までにサポーターの期待が膨らんでいった。
しかし、実は前年にリストアップした際に木村浩吉前監督が契約を拒否していた選手だった。そのような経緯があったのにもかかわらず、補強がうまくいかずに複数年契約で獲得したのだ。来日してみると基礎技術が不足。桜の季節のうちにテクニック重視の木村和司監督の構想から外れ、リーグ戦は6試合出場まで。まったく活躍できなかった。
その後、7月には練習中のアクシデントにより運悪く網膜剥離。戦線を離脱してしまう。さらには、2011年には東日本大震災が発生。アルゼンチンに帰国した家族と共に生活するために契約を解除した。「生まれたばかりの子どもがいるため、帰国した家族の強い要望もあり、新たな道を決断した」とコメントを発表した。

来るぞ来るぞと噂があり期待が過剰に膨らんだ。
新体制発表会にサプライズ登場し大歓迎された。
そのときはアルゼンチン2部リーグの
レベルが低いなんて誰も知らなかった。
石井和裕(談)