Jリーグ2階の目線2019 横浜F・マリノス2-3清水エスパルス

Pocket

富士山の見えない雨天の日本平に、良い思い出は生まれない。

「ファイティングスピリット」「勝つという意識」「10人になってからのオーガナイズ」「リトリートする」「無理に行かない」・・・「稚拙な試合運び」「若いチーム」「クロージングの意意思統一」・・・試合後に多くの言葉が並んだ。1得点にとどまったが、試合をコントロールした前半。かすかな記憶によれば、喜田、天野、和田の素晴らしいパス交換は、確かにあったはずなのだが・・・。チアゴが無理な体勢で頭を打ってしまいハーフタイムに交代。ここから試合は変わってしまった。

「全く反省していないのか!」

後半の開始早々に声が出る。左サイドの補強に獲得したと思われた和田にあっさりとポジションを奪われた広瀬は、ポジションを奪われる以前と変わらず、自由奔放にピッチを走り回っていた。あるときは中央に、そしてあるときは左寄りにも。無駄に高い位置にとどまることで、後ろの選手のパスコースの選択肢を失わされることも多発。一つの現実を目の前にして「ここまで人それぞれの感じ方は違うのか」と、私たちに、 サッカーは学ぶ機会を与えてくれる。

1点差のリードであり、最終ラインを支えドウグラスとの空中戦で競合い続けたチアゴがピッチから去って不慣れな和田が最終ラインの中央にいる。「ナーバスになる」と表現されるトリコロールにおいて、この状況を気にも留めない広瀬の「鈍感」さは異色だ。トリコロールのポジションは崩れ、パスワークは乱れ、前半は的確なポジションを取っていたティーラトンまでも迷走し始める。

何度も繰り返した努力は成果に結びつく。仲川のゴールは努力の賜物だった。これでなんとかなるだろうと誰もが思った。試合には流れというものがある。

サッカーは11人でプレーしなければならない。マルコスジュニオールの退場後は、ピッチ上には10人しかおらず、しかも、チームとしてプレーしていたのは、更に1人減って9人だった。広瀬は出場機会を得て過剰にアピールしたかったのでも、クロージングの意識が足りなかったのでもなく、ただ、いつものように自分のやりたいプレーをしただけだったのではないか。

対戦相手が最下位だといっても、ベスト16に進出する力を持つワールドカップ常連国のプロ一部リーグのレベルは低くない。 技術・能力が優れていても知性や戦術眼が足りなければスター選手になるのは難しい。これまで、何人もの選手が優れた技術・能力をドブに捨ててきた。トリコロールの歴史を思い起こすだけでも、そんな選手は5人や10人ではない。たくさんいる。知性や戦術眼を磨けなければスターになれないわけではない。だが、知性や戦術眼を一切磨けないならば、ディエゴ・マラドーナやエリック・カントナとまでは言わないが、せめて大久保嘉人クラスの技術・能力を磨くことを目指してほしい。

もしチアゴが後半にもピッチ上にいたら、2失点目、3失点目も生まれなかっただろう。だが現実は違った。「いなかったから負けた」のではなく「いなかったときにやるべきことをやらなかったから負けた」のだ。ベンチに責任があるとしたら、やれない選手をベンチ入りさせたことだ。雨天の日本平から富士山を見ることができないから良い景色の思い出が生まれないのと同じように、そして、やれないと思われるセンターバックの控え選手はベンチ入りさせていないのと同じように、現時点で無理なものは無理なのだ。

日本平の坂を下り静岡駅に向かう。
「 清水は残留しろってことでしょ。」
「ウチから勝ち点を取れれば残留できるからな。」
「あれだけしぶとく残留し続けていた大宮が降格したのはウチから勝ち点を取れなかったシーズンだし。」
「今年は『ななや』にも行けなかったから、また来年に来るか。」

そして私たちは寿司を食べて帰った。

アタマを使おう。
<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>

<様々な目線から捉えた試合>