Jリーグ2階の目線2019 横浜F・マリノス1-0松本山雅

Pocket

力強い印象が残るゲーム。エジカル・ジュニオが試合後に使った「優勝」という単語に、もう笑いは起きない。

日産スタジアムでホームゲームを迎える。まだスタンドの人影がまばらな時間に、いつもスピーカーから聞こえてくる曲がある。

Beautiful Day – U2

この、静かで力強いメロディを聴きながら「今日が素晴らしい日になりますように」と心の中で願い、この巨大スタジアムのスタンドを眺めるのは日課だ。

松本山雅には、美しい物語が刻み込まれている。喫茶山雅の物語も、有志が松本市の街中でJリーグという途方もない夢を伝え続けたことも美しい。何より、松本の街が美しい。ただ、対戦相手として松本山雅は、あまりに面倒だ。

親切や思い入れを無理に押し付けられる雰囲気。移籍決定の言い訳以来、決して許されることはない発言を繰り返す選手との対決。エビデンスがある風の嫌味な監督の挑発。トリコロールにとって、松本山雅は隅から隅まで面倒なクラブだ。
初先発のプリンス・山田康太は、わがままも自己主張もない一見美しいプレーに徹していたが、そこには見る人の心を動かす力がなかった。天野が前、プリンスが後ろの位置関係が続き仕掛けが少なかった。松本山雅の中盤は5枚。ただしトリコロールがボールを保持すると両サイドが最終ライン人下がって5名が並び中盤は3枚になる。しかし、前半は、なぜかトリコロールの両サイドバックが偽サイドバックの位置にこだわりすぎて中央に入り、中央にスペースがなく両サイドがガラ空きという時間が長く続いた。狭ければ広げれば良いのに。松本山雅が面倒なクラブだとはいえ、選手個々の実力がJ1レベルではないのは試合開始直後にわかった。だからなのか、ただなんとなくボールが動き、惰性でサッカーが続いていた。

選手個々の実力がJ1レベルではないがチーム戦術と頑張りで闘うのが反町監督のスタイルであり高く評価される手腕でもある。だが、小学生でも知っているスローインの誤りを繰り返す選手がいる。当初は主審も、このスローインがわざとなのか雨で手元が狂ったのか判断に困っていただろう。ルールを理解することが苦手なのかサッカーをすることが苦手なのか、パス回しに追いつけずに、遅れて体をぶつけるファールも横行した。レベルが低く見たこともない見苦しい行為が繰り返された。

「美しさ」とは何なのか?

美獣・大津祐樹はハーフスペースに侵入し、腕を引っ張られながら強引に突破し中央にグラウンダーのクロスを送り込んだ。エジカル・ジュニオは見事なコントロールから、これをゴールに決めて見せた。心を揺らす美しいゴール。面倒な相手は強引に押し切る美獣。


素晴らしい日だ。
触れてくれ。
別のあの場所へ連れて行ってくれ。
俺に手を伸ばしてくれ。
(U2 – Beautiful Day)

この時間が、また美しい
<試合後のコメントはこちらをご覧ください。>
<様々な目線から捉えた試合>