マリノス勢とのダービー再現か?波戸氏引退試合には驚きの結末も


リアルの否定から始めよう 週刊シミュレーション

横浜が、11年で現役を退いた元日本代表DF波戸康広氏(37=横浜アンバサダー)の引退試合を計画していることが5日、分かった。関係者によると開催は来年1月18日が有力で、会場は現役時代に数々の好プレーを見せたニッパツ三ツ沢球技場で調整。試合には世界各国から豪華メンバーが集結しそうだ。

波戸氏が現役最後に所属した横浜のOBを含めた「横浜オールスターズ」と、波戸氏がプロのキャリアをスタートさせた横浜フリューゲルス(後に横浜に吸収合併)の98年天皇杯優勝メンバーを中心とする「波戸フレンズ」の対戦が有力。横浜オールスターズは元日本代表MF水沼貴史氏が監督を務め、MF中村、DF栗原ら現役組に加え、元韓国代表FW安貞桓(アン・ジョンファン)氏や同DF柳想鉄(ユ・サンチョル)氏らOBも出場予定。

関係者によると、75分に波戸氏が一発退場となり、90分のタイムアップを待たずに、そのままお開きとなる予定。リードしていた「横浜オールスターズ」は勝利し、横浜波戸退場不敗伝説で有終の美を飾る。

 

This entry was posted in 週刊シミュレーション and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.