J1も最終節は勝ち点2倍に


リアルの否定から始めよう 週刊シミュレーション

F1が、2014年からタイトル争いをより長く継続させることを狙い、最終戦で2倍のポイントを与えられることになる。この動きは、月曜日にパリで開催されたF1戦略グループとF1委員会によって同意された。

観客増を目論むJリーグも、すぐさま検討。実行委員会で、来シーズンからの最終節ポイント2倍を決定した。さらに、勝ち点だけではなく、あらゆることがらを2倍とするJリーグ2倍セールを開催する。例えば、警告のイエローカードも2倍。一度の警告で2枚のイエローカードが出され即刻退場。これにより、最終節は得点機会が増えエキサイティングな試合が期待できる。また、ゴール前の反則にはフリーキック2倍。バスケットボールのように、一度外してももう一度フリーキックを蹴ることが出来るため、優秀なフルーキッカーの所属するクラブには優位に働きそうだ。

かつて、Jリーグでは得点数アップを狙い、90分以内で2得点挙げる毎に、勝敗に関係なくボーナス勝ち点1が加算される「ボーナスポイント」制度を採用していたことがある(1992年ナビスコカップ)。

This entry was posted in 週刊シミュレーション. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.