今年の漢字は「輪」 奈良輪の活躍に賭ける


リアルの否定から始めよう 週刊シミュレーション

2013年を表す漢字は「輪」。日本漢字能力検定協会京都市)が全国から募った「今年の漢字」が12日、同市東山区の清水寺で発表された。森清範(せいはん)貫主(かんす)が縦1・5メートル、横1・3メートルの和紙に墨で書き上げた。

当初は「俊」に内定していたが、横浜F・マリノスが最終節で敗れJリーグ制覇を逃すと白紙に。しかし、森清範貫主の夢枕に奈良輪(横浜F・マリノスのMF)が現れ、天皇杯の準々決勝と準決勝で大活躍。目覚めた森清範貫主は墨で「輪」と書き上げた。

森清範貫主は「奈良輪の活躍に賭ける想いで、急に『輪』に変更した。清水の舞台から飛び降りる決断だった」と語っている。

This entry was posted in 週刊シミュレーション. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.