長谷川 さらに時給を求めて移籍か


リアルの否定から始めよう 週刊シミュレーション

フォルラン獲得報道で祝賀ムード一色だった大阪は、重苦しい空気に覆われている。フォルラン獲得報道は一夜明けた16日に途絶えた。代わりに飛び込んできたのは長谷川アーリアジャスールの獲得のニュースだった。

 出場機会を得るために横浜から東京へ移籍した長谷川だが、多くの出場機会を活かせず伸び悩み。今回、さらに多くの出場機会を求めることになった。なぜ、そこまで出場機会を求めるのか?当初、月給70万ドルと報じられたフォルランに対して、長谷川は「給与が時給なのではないか?」と関係者も疑問を抱く。

大阪が沈んでいるのはフォルランと長谷川の落差だけではない。過去に貴公子・水沼が背負い特別な背番号であった横浜の8番は、長谷川が背負うことで一気に価値が低下した。かつては森島が背負い、現在は柿谷が背負う、その重みは10番以上という大坂の8番を長谷川が狙っているのではないかとサポーターは警戒している。

This entry was posted in 週刊シミュレーション. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.