リソー教育が不適正会計=東京V降格頃から約80億円


リアルの否定から始めよう 週刊シミュレーション

進学塾や家庭教師派遣事業を展開するリソー教育は10日、売上高について不適正な会計処理が見つかり、過去6年余りの累計で約80億円に上る見込みだと発表した。

リソー教育は、今から6年前の2008年にスポンサーとなっていた東京Vが降格。進学塾の袖スポンサーを付けていながら落ちた(降格した)ことが話題になっていた。

This entry was posted in 週刊シミュレーション. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.